阪神・淡路大震災19年

パソコン・トラブルの原因追求・解析の為10日ばかり滞ってしまった。ハード故障の為パッケージ交換修理が完了して戻ってきたので、ブログ記事としての時期を逸してしまったが、例年アップしている内容だが今年は特別な思いで神戸にも行ってきたので改めて再発信いたします。
西宮市内で被災した”阪神淡路大震災”からもう19年を迎えました。此の日もまた・あの日と同じく、白いものが舞う寒い朝・今年も又 例年通り早朝に墓地へ参った後:被災した西宮市の満池谷を訪れて犠牲者追悼碑の献花に行って来ました。
画像

西宮市でも当初の4年だけは其の都度:浜や甲子園・JR西宮付近・満池谷の震災記念碑除幕を兼ねて?満池谷記念碑公園で、祭場を変えながらも震災犠牲者追悼の慰霊祭が行なわれてきたが、以後に慰霊の式典は7回忌・13回忌・17回忌を迎えた年にも打ち切られたまま。
慰霊の式典を当時は節目節目に実施すると約されていたので20周年目の来春には実施されるのかも?
例年此に時期に報じられる”阪神・淡路大震災”が一般化されている呼称ですが、私のブログでは”兵庫県南部地震”と銘記してきました。
画像

大きな被害は少なかった大阪””と、大火災により被害の悲惨・甚大となった神戸””・震源地の淡路は勿論ですが、被災地は明石・宝塚・伊丹・西宮・芦屋・尼崎へと兵庫南部全域に及ぶ兵庫県南部地震であった事を・・・
1・17震災のメモリアル・デーを「防災の日」イベントに組み込んで、一般的名称の「阪神・淡路大地震」により関心度もあり・再認識されるのなら、防災危機管理意識が鈍化していくように思える昨今だけに、あの震災の記憶を・教訓を風化させないためにも「名に拘る必要」はさらさらありません!!。
  慰霊と復興のモニュメント」地下入口
画像

風化することの無い被災家族の思い・其の犠牲の代償から得た教訓。防災意識について・歴史の片隅に残す事なく伝え・継承していく事、全国で発生している地震・津波・風水害・豪雪等の自然災害に対し”備えよ・常に”と防災意識を持ち続け風化させてはならない事を強く感じます。
”熱し易く冷め易い”実際に災害に直面しないと忘れ易いのか、反対に忘れてしまいたいと思うものなのか?
二つの震災被災地阪神・淡路ではオウム真理教事件等により、震災関連記事は徐々に縮小・一地方の問題として?少しずつ忘れられていったように(県外疎開しており被災地の状況が殆んど知らされない状態にはあったが!!)、東日本では原子力発電所の被災による様々な問題で被災者は置き去りされているような感があり、全てが後手に回り・その対策さえ御座成りにされているようで不安を感じる。
画像
  
今後の安全性に対する対応策・除染・地元復興への継続的に続けてゆく必要のある支援活動も、東京五輪に話題にと・・・被災地・被災者支援が忘れられていく危機感をおぼえます。莫大な被災者支援等の募金・税金等による支援の使用用途明細についても疑問は多いところですね。西宮市からは電車の車窓に映る懐かしい六甲の山並みを望みながら神戸市に向かった。
画像

神戸市中央区の東遊園地へは、神戸市外の震災犠牲者に対しても、名前が刻まれたプレートの掲示が可能となった年の翌年、申込み式典に参列した。神戸が好きで専門校や職場を神戸市に選んでいた息子が居場所が神戸にも出来て良かったと・・・
式典の後「おやじの会」(家族を亡くした男性達が集まって交流)への参加をH氏より誘われた。当時の名称は知らなかったが”NPO法人阪神淡路大震災「1.17希望の灯り」代表のH氏が諸般の事情で会を解散すると聞いた。
画像

式典への参加以来・理事を務められている但馬のA氏夫妻からは毎年年賀と1.17交流会へのお誘いを受け、一度は実家へもお礼に伺った事があったが長らくご無沙汰しており、A氏夫妻へも・またH氏へも今までのお世話に感謝の意を伝えたくて「慰霊と復興のモニュメント」の水槽に献花して地下の「瞑想空間」で息子のプレートを撫で伝えた後「交流テント」を訪ねた。
A氏婦人には直ぐ逢えて・亡くされたご子息夫妻慰安にと住まわれていた近くの川側に植樹された桜木も随分と幹太くなってきた話等を聞いた。先程まで居られたA氏には逢えなかったが、「1.17希望の灯り」も代表A氏の後継者も若い人に引継がれ続けられることを聞き、一先ずは安堵した。
画像

交流テントを出ると”希望の灯り”前に幼稚園児等が集まっている。碑文の内容(震災の経験や教訓・継承)についての「お話会」かな?。
”1.17希望の灯り”碑文には
 震災が奪ったもの 命 仕事 団欒 街並み 思い出
 ・・・たった一秒先が予知できない人間の限界・・・
 震災が残してくれたもの やさしさ 思いやり 絆 仲間
 この灯りは 奪われた すべてのいのちと 生き残った わたしたちの思いを むすびつなぐ

・・・とあった。これ等のモニュメントが震災の経験(記憶)と教訓の継承、そして発信のトリガとして、また今後・想定されている南海トラフ地震などへの防災・減災対策に取組むべく喚起する場所でもありますように。

この記事へのコメント

現実主義者
2014年01月27日 10:32
バカバカしい!!

日本人なんて普段他人ごと主義、平和ボケ、日本にいて痛ましい事件に遭った人間及び関係者を横目でみるような態度、殺人者擁護、心に傷が残る人間への神経逆撫で…。
で、こういう時だけ「絆」って、もう「笑わせるな!!」って感じです。
2014年01月27日 13:05
”希望の灯り”碑文にも「絆」の文字が・・・私達も倒壊家屋に埋もれ、近所の人々の勇気付けの声掛けや、幸い土木・建築関係者も居られ4-5時間ぶりに助け出されましたが、取材のヘリコプターの騒音はその後も耳に残る。待機していた自衛隊も命令がなく活動出来る状態になく、梁の下敷きになっていた息子を抱いたのは夜遅くなってから。それまではどうすることも出来ず、指定避難所も収容満杯で、子供が通園していた幼稚園を数家族に開放してもらった。
被災者の家財の搬出・遺体搬出等を無意識で手伝っていました。指定避難所ではないので救援物資等は届くことなく、火葬場は何日待たされるかわからない状況から、二日後には知人の好意で安置所から郷里への搬出・県外疎開へと全ては自助努力せよ・・・。県外疎開者に対する対応は無く、数ヵ月後に復興ニュースを固めて受け取った程度!!。車では被災住所へ入る事も出来ないのに、白黒コピーの○緊”緊急車両”マークのダンプ等が空いた市街地を通りぬけ、また高速道を無料で走っていた・・・。諸問題に個人的に随分と不条理・不満は残りますが、動き出さなければ何事も捗らない。被災当事者の感情を理解することは到底無理ですが、一方的な感情ではなく・共に助け・励ましていく”絆”は白々しく空虚に思える言葉ではなく・実践することに意義を感じます。何かと頻繁に使われすぎると「絆」は中国語の意味”妨げ・まつわりつく・拘束・・・”にさえ感じてきますね。

この記事へのトラックバック