Cafe deふくむら 丹波市

北近畿自動車道(春日和田山道路)氷上ICの北側:県道7号「市辺南」交差点を左折(西へ)しいずも庵前を通り、”ゆめタウン”からの車道と交差する ひかみ四季菜館北を抜け加古川(旧佐治川)を渡ると、緩やかに下ってゆく・田園風景が拡がる中を真直ぐ延びる車道沿いの中程に、白と黒を基調にして「藏」をイメージした一軒家カフェが建つ。
画像

Cafe de ふくむら<丹波市氷上町犬岡>は退職・丹波にUターンして間もない2005-6年頃:NPO法人”たんばぐみ”スタッフの一人から知合いの店だと紹介されていたが、入店したのは更に其の1-2年後だった。既に開店10年は経つ中堅のお店ですが・やっと!!?最近メデイアで取りあげられている様ですが、当初より人気のお店で、店内入口部のショーケースに並ぶ自家製の「スイーツや焼き菓子」購入だけに立寄るお客さんも多い。
画像

木製の大きな板扉を開けて入る入口部の左手に焼き菓子類・正面にスイーツ類がショーケース内に並ぶ。梁・柱面が焦げ茶系木目を見せる白壁は右手に続くカフェスペースへ、二階部も天井板を外した吹抜けは天井は高く、フロア内はテーブル数は少なく間隔も広くとられた贅沢な配置で、清潔感のある床面の木目調がゆったりした気分で落ち着く。
画像

二階天井部の縦長窓からとテーブル席の南面にスリット窓・西面とパントリー・カウンター席の東面一杯に大窓があり、遮るもののない南面は遠くに穂壷城から高見城へ続く山並み・西面いっぱいを塞ぐ丘陵上には弘浪山(高山寺城)が、カウンター席の東窓には霧山から横田城(ガンジュウジ城)の山並みを正面に望む。店の駐車場からは間近(東北約700m)には犬岡山(明治山)が在る。
鬼が担いできた小さな二つの山の話・藩邸を建てる場所を探していた後期柏原藩織田信休が犬岡山にと定めていたが氾濫の状況をみて諦めたことは、加古川(旧佐治川)を挟む東西の田園地帯の位置が低く、北近畿道の東に築かれた十六丁畷があり、店の南方約300m程の位置は葛野川が加古川に流れ出る合流点でもあり・凡そ察しはつく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック