Borage DINING & CAFE 多可郡

丹波市から県道86号で小野尻峠を越え・下ってくると西に北播磨余暇公園、貝の城と妙見山の姿を望みながら・多可町の特養に伯父夫婦を見舞った後、いつもは西脇市へ向かうが杉原川沿いR427号を走る。
画像

築ヶ端が「月ヶ花橋」の綺麗な名に変わる門前で杉原川を渡る右手に地場産販売所の様な建物は、目前左100m程に味噌・醤油醸造会社のギフト・オンラインショップ。
画像

閉鎖していた旧ブログでもR427号沿いの古時計とともに早い時期に紹介していたが、”BorageDINING & CAFE<ボリジ: 多可郡多可町加美区寺内>は此の先”寺内”交差点を県道8号線に左折して直ぐのところに、白い箱を積んだ方形の瀟洒な建物が其れ。
画像

Borage(ボリジ)の店の壁沿いを北に入ると・店の奥には隣の美容室共用で20台近くは駐車可能の駐車場がある。お母さんが経営する美容室の隣が女性マスターと女性スタッフだけのボリジ。お客さんの95%以上が女性客ばかり・・・。
画像

ボリジはブルーや白・ピンクの星型花を咲かせるハーブで学名:ボラゴxxx。昨年春過ぎにテラスかポーチか?(アプローチ?か玄関?・内庭?)に植えてあったような・・初夏にかけてはサラダや料理の飾り・香り付けに使用されるのかも?。テラスか?玄関・内庭?に待ち席か小さなテーブル席がある。一階は玄関ドアを入った横には薪ストーブが置かれ・其の胴の左右には白鳥?とリスだったか?・・・が薄浮彫りデザインされている。
画像

焚付の小技か炭入れ用なのか・黒文字印刷された白いバケツがインテリア・アクセサリーとしてマッチしている。
一階はテラス側に大きな窓が・厨房とパントリー横を通って3-4段の階段上にある中二階は北に開く大きな窓から薄雪を稜線に残す千ヶ峰が望まれる・・・予約客には中二階を通って吹抜け横のロフト二階は予約者向けの個室かナ?・・・此処からなら更に展望は良くなるか!!?。何れのフロアからも大きな窓からの採光を受けて白が基調の部屋壁は明かるく気持ちのよい。
画像

地場産の箸荷(はせがい)紅茶が賞味出来る店。箸荷は村芝居が保存会により継承されており、昨年も店内に開催チラシが置いてあったが・・・夕方の開演では行けず:芝居舞台を備えた「むらづくり館」がある。均一価格?ではなくなっていたが、本日のランチから今日はAとBで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック