春の童子山公園

R175号が西脇バイパスとなる直前の上戸田南交差点でR427号に入る。JR西脇市方面からの県道17号線がR427号に合流する上野交差点界隈に、西脇城や過去に紹介したカフェも市立総合病院が近いためか・・・【ヨーロピアンカフェ明日香にぎわい食堂「いろはにほへと」レ・ボ・プロバンスや再アップは未だがLepre・Flat・松屋・○ちゃんラーメン等の人気和洋中華】の店も多い。
画像

R427号は上野交差点を北上、上野北交差点で道の駅・北はりまエコミュージアムからの車道を併わせる。交差点近くに在る西脇小学校は以前のブログ等で紹介済。学校前バス停から西へ約250m・童子山交差点を左折して総合市民センター南側・童子山公園をトンネルで潜る手前の駐車場に入る。
画像

トンネルを抜ければ機殿神社・その先に播州織物館梅吉亭画像

童子山公園の隧道北側駐車場からは車道の東側階段を丘陵上・池や広い芝生公園の東ブロック・隧道西側脇からの階段は公園中央部部に建つ勤労福祉センター側へ上がる様だが、公園内への階段利用者は殆んどいないよう?。桜や紅葉の鑑賞は此の勤労福祉センターの南斜面から東側ブロックにかけて素晴らしい。
画像

勤労福祉センターから南西上の展望台へと延びる遊歩道入口部の脇には来住兼三郎頌徳碑が建つ。飛田安兵衛・来住儀兵衛と同様に播州織の手織り機(石油発動機を応用した自動織機)を明治33年(1900)率先して使用して、地方織業の啓発に志し、傍ら西脇商業銀行を設立。多年にわたり活躍し古稀を過ぎて尚・西脇町長の要職に就かれていた。
 正面に郷土資料館・図書館、右手がフーコの振り子の吊り下げポール
画像

公園内には総合市民センター・陸上競技場・郷土資料館・図書館などが併設されており、郷土資料館・図書館の南東側の連絡道と車道側には巨大な”フーコの振り子”があって、西脇市のランドマークに生りうる存在なのだが、肝心の市民の関心意識は薄そう?。全国的に知られる「日本のへそ」として、東はりま日時計の丘の”日時計モニュメント”か、日本へそ公園の”経緯度交差点の石標柱”に分がありそうですね?。
秋の童子山公園は→  http://40437108.at.webry.info/201312/article_4.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック