鳥一西山 西脇市

丹波市からR175号線で西脇市街地の西脇市図書館や童子山公園・市立病院に向かう時にも、よく利用するコースとして、蒲江北交差点を右折し道の駅・北はりまエコミュージアムの側を抜け、あじさい寺で知られる西林寺への交差点を直進して、八日山西麓の小峠を越えてR427号線上野北交差点に出る車道を走ることは多い。
画像

旧ブログを不本意ながら2月中で打切り・3月中には一時閉鎖した後も3度ばかり訪れたan cafeは先日新ブログ上に紹介したところですが、今回紹介のお食事処鳥一西山<西脇市坂本>も近所に在って旧ブログでも2013年1月24日付で紹介していたところです…
画像

”道の駅・北はりまエコミュージアム”から南へ…喫茶an cafeとの中間点付近にある西林寺参道への交差点を東へ向かう直線道で、R175号線”西脇寺内交差点”まで一直線に延びる、田圃の中!!?の道ぶちに建っているので直ぐ分る!!。夜は焼鳥を肴…!?の居酒屋だが昼は和食の店。
画像

旧ブログ以来・妻のほうがすっかりお気に入り。美味しい焼鳥を食べたいと…一人で病院に行った際・知人に会い・僕には内緒で誘って行った様子。駐車場が広いことも理由の一つだったか…?。親の診察帰りのランチには”道の駅レストランたにし”(旧ブログも忘れていたほど以前にUPした)に何度も連れて行ったようだが!!。種々定食や丼・麺類・平日には「おまかせ日替わりランチ」もある和食の店で、”鳥もの”はメニューに初めに焼き・フライ・たたき等が15種ほど並んでいるだけ。
画像

”伝承された味”とは焼鳥の秘伝のたれ…!!?、其れに店の一押し名物とも思える”釜めし”の事か…
”釜めし”は炊き上がるのに25分ほどかかるので、其れまでに”鳥もの”から串焼き・きものニラ炒め・唐揚げ…等は、”加美町(現:多可町加美区)百日地鶏”の名の方が馴染みで、ちょっと知られた焼鳥の店(此処もランチタイムに寄れる)が在る。「播州百日地鶏」の名称が商標登録されているのかは知らないが、道の駅等で見かける”とり飯の具”等の名称は、西脇市に境する隣の多可郡中町加美区が産。 
画像

牡蠣・松茸等の季節限定品を含めて10種ほどの釜飯から妻はミックス(とり・海老・穴子)、私は穴子を注文。熱々の釜飯は最後に・鍋縁や底にこびり付く香ばしいオコゲを削ぎ取ること…も楽しみですね 
広いフロアを三つ程にブロック分けした小上がりは掘り炬燵式テーブル席、奥には襖で仕切られるが三部屋程の座敷もある。以前は食後にインスタントですが…とコーヒーのサービスもあったが特別だったか?、消費増税後はそうもいかないですね…良い店だが立地場所のせいなのか?・地元の人の利用が殆どの様だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック