柴城 朝来市

丹波市から柴城<朝来市山東町柴>へは、以前なら春日和田山自動車道を利用すれば遠阪トンネル(有料)の料金所を出たR427号線からは僅か数百m程下った柴集落端(取付き点に神社?・城址の丘陵上に秋葉神社の小祠が祀られており、参道<山道>が通じている)の取付き点となる神社?前に着いた。
画像

今は料金所からの出口は閉鎖されたので山東ICから引き返すことになるが、滅多に自動車道を利用することはなく、今回も遠阪トンネルの天井版取外し工事で全面通行禁止(あと数日で工事完了で解除されたが)になっており、いつもは通行車輛の少ないR427号線の遠阪峠を越え、左手に料金所ゲートを見ながら柴へ降りてくる。
  取付点付近の参道近くまで落ちる竪堀
画像

朝来市山東町内では諏訪城夜久野城陳東氏館・磯部氏館・向山城・滝野城衣笠城
等ともに柴城も竹田城の支城の一つとされています…
   主郭から:秋葉社を祀る主郭下段(帯曲輪西面)
画像

参道は大手虎口?曲輪に入った祠まで続き、此処から尾根筋に幾つかの曲輪があるが、曲輪間には堀切・竪堀群・横堀や空堀土塁を伴って、城域は小規模ながら砦規模を抜く城郭遺構を遺している。主郭南下段の帯廓に祀られる秋葉神社まで、下草も少ない参道(踏み跡程度だが)が続いて、夏場でさえも城址見学しやすい状況にあったが、秋葉社への参拝者が途絶えがちの様で立ち寄るたびに荒れ・薮化してきている。
  南先端(国道側)の曲輪と空堀?土塁
画像

延喜式山陰道(出雲道)は丹波最後の宿:佐治宿を発って・遠阪峠を越え此処:柴城の下を抜けた要衝のルート。南北朝から戦国時代へと丹波・但馬を分ける国境の峠は軍道となり、丹波攻めでは羽柴秀長軍が丹後方面から遠阪峠を越えて侵攻。柴城の城史も幾度となく変遷があったとは思われますが城史一切は不詳です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック