喫茶 FIRST 丹波市

案山子まつりに出掛ける前後の立ち寄りに、以前より常々・一寸立ち寄ってみたい店の一つ。営業中を示す黄色のパトライトを確認済み!!だが、福知山市方面への北行では気付く人も少ないかも?。
画像

R175号線沿い・東勅使交差点を過ぎるとJR市島駅前に通じる市道との分岐(GSがある)で竹田川を渡ると直ぐ右(南)方に拡がる田園の中にポツンと建つ一軒家カフェ。大きな店のサインボードがあるが、周辺は一車幅の細長い農道?が一本・田圃の中を南に真っ直ぐ延びて、左手先方には鴨神社の杜が見えるだけのロケーション。
春日IC方面への南行だと判り易い。
画像

梶原遺跡から小多利の小富士山東麓を阿陀岡神社を経てR175号に出る県道138号線分岐の直ぐ先。パンカフェゆら(2016年:休業中)とは国道を挟んだ斜南向かい!!。此の店しかないので直ぐ判るはず。店名はFIRST(ファースト)<丹波市市島町梶原>は大きなサインボードに書かれ・店内の壁・テーブルにも美味しそうな”ワッフルセット”が示されており”コーヒー&ワッフル”がお薦めのようですが、ランチ時には日替わり定食も…。
画像

昼下がりの店内に来客は無かったが、明るく清楚なフロア・窓からは田園風景の先に鴨神社の杜と遠く県道沿いに梶原集落を望みながら、久し振りに「のんびり」過ごせた。遠目には昔:西宮市内にも在った大音響で”るつぼ”と化していたJAZZ喫茶の半地下式コンクリート打ち抜きの「音のシエルター」の様な店を想像していたが…ここにはBGMもなく・風の吹き抜ける音さえ聞こえてきそうなほど・・・喫茶にはサービスの一品も付いていた
画像

【補足】ホームページにレポートしていますが梶原遺跡の一つには7世紀中頃の(からすき)が2個体出土しており、日本最古級の犂といわれる貴重な資料として・市指定文化財となっています。
全国のふるさと富士の関西の富士にリストアップしている丹波の小富士山は丹波・黒井城攻略の明智光秀が築いた陣城・小富士城が在り明智”一夜城”伝説ものこる。FIRST店内からも間近の小富士山が望まれる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック