丹波市で一番遅い!!花火大会2014

例年なら丹波で一番早い花火大会が宗教法人円応教本部隠れ紅葉の名所Ⅲ 円応教<丹波市山南町村森>による立教祭に併せてのイベントとして、梅雨明け早々の7月14-18日頃?に奉祝花火大会が実施されていますが、今年は悪天候のため中止となっていました。
画像

過去のブログでも紹介しているのですが↓
丹波で一番早い花火大会   http://40437108.at.webry.info/200907/article_10.html
丹波で一番早い花火大会2 http://40437108.at.webry.info/201207/article_11.html
今年は其の代替えとして秋季大祭・本殿感謝祭となる10月4日に開催され丹波で一番遅い!!花火大会となってしまいました。 手持ちによるコンパクトカメラのうえ、解像度(画素)を落としての画像なので見苦しさをお詫びいたします…
画像

とはいえ昨年は前日からの豪雨で:当日は中止。そのまま来年へ繰り越されたようで、今年もまた!!と残念でしたが秋に延期されただけでホッ。例年:聳え立つ”五法閣”を望みながら:教団立教の円応祭(感謝祭)の奉祝花火ではあっても、地元民にとっては嬉しい恒例のプレゼントです。
画像

地元へUターン当初の体験から、”五法閣”からの見物は煙ばかり…の印象が強くて反対(西)方からが主となっていたが今回はチョッと歩いて「五法閣」から。其の前に早めの夕食を・・・4階の食堂でと向かったが、五法閣を出て工事中の本殿・修法殿の側を抜けた東隣の修練所(仮?)に変わっていた。
画像

”隠れ紅葉の名所Ⅲ 円応教”ブログでは県道側からの車道沿いに上ってきた道筋最初の建物。工事中本殿の南側に古墳があり「大地の後親」として祀られている。(立ち入れず未確認だが施設造営で移設されるのかも?)
画像

高齢者割引?サービスを受け損ねた食堂を出て、五法閣(9Fに売店があり7-8年前には折り畳み式花柄のステッキを母にプレゼントしたが、今回は…)から混み合うエレベーターを避けて1Fまで階段を下りる。1階とはいえ高台に在って眼下に眼下に県道77号(延喜式の山陰道)・赤米の里井原郷の田園風景の先には篠山川が加古川に流れ出る出合いとR175号の至山と山南仁王駅を望む。
今回の花火見物は五法閣の西隣にある青年会館から…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック