カンジョウジ城(横田城) 丹波市 

丹波の波多野氏は八上城主(篠山市)波多野秀治【東波多野氏】が知られますが、丹波市にも氷上城に拠った波多野宗高【西波多野氏】が居た。西波多野氏は三代続いたが、信長の「丹波攻略」に滅亡します。其の氷上城が霧山城に在ったか、横山城(向山城・カンジョウジ城)であったかが問われ幻の氷上城議論では今も分かれているようです!!?。
 黒井盆地を望む(中央奥の尖峰は千丈寺砦・直ぐ右手の黒井城が城域から見えない!!)
画像

霧山城には以前から遺構は無く城ではない…?とか、周辺山麓に一族の菩提寺が無い・初代の宗高は実在の人物だったかも判然とはしない。永禄3年(1560)正親町天皇即位に際し、赤井直政らと丹波の諸城主を動かし、警護にあたった忠勤により、「正四位・侍従の位」を賜る波多野宗高だが?。
  カンジョウジ城:低土塁状は屋敷の敷居跡か?、後方は向山連山
画像

一方:カンジョウジ城(横田城)も不思議な遺構の城で、「ひょうごの城紀行」や「県の中世城館・荘園遺跡」には赤井 ・荻野ゆかりの城砦とあるが、櫓台を備えた縄張りは、長さ約85m・幅約30mの長大な平坦地形を持つ単郭の城砦には、低段差ではあっても段曲輪・腰曲輪や帯状曲輪はなく、防備施設の土塁や堀切・竪堀・虎口の類を見ない。南側案内板付近の平地に極低土塁(現状)をみるが仕切土塁と云えるほども明確でない。屋敷跡の敷居程度?。赤井・荻野の関連山城にしては珍しい!!。
  城山三角点(櫓台)から向山連山(此の短い山間<約700m程>が黒井盆地を繋ぐ入口)
画像

三角点石標が埋まる櫓台の最高所以外は黒井側が少し高くなって曲輪が延び、南側端が通路だったと思われたが城遺構は野山城・霧山城への縦走路を北に降る鞍部に、深い片堀切(本郷側の一宮熊野神社へ降るカンジョウ坂(カンジュウジ坂)が「大手堀切道」だったか。主郭の櫓台土塁・DoCoMo向山無線中継塔や向山配水施設が建つ南側尾根筋の丘陵南端に土壇・土塁状盛上がりを持つ曲輪と小曲輪を2段程見る。
   北端の櫓台から案内板の立つ南方へ延びる約80m程の平坦曲輪
画像

カンジョウジ城(横田城・向山城・城山城)<氷上町石生新町・横田>は石生と横田を結ぶR175号稲継から春日町に入る城山トンネル上に位置して、氷上/黒井の盆地を望む町界尾根上の城山展望所だけに眺望に優れ・山陰道の要衝でもある領内監視と 分水界をも一望出来る軍事的にも要地は、特に黒井城攻めでは西・南方の喉元を押さえる双方にとって最重要拠点です。
     黒井盆地側の切岸
画像

城山は「丹波志」に乾ノ峯ともよばれ、豊臣秀吉公陣場とある!!?。城郭研究T氏はカンジョウジ山城(乾ノ山城)を充てられた。私なりにカン=乾として仮説・補足すれば、赤井直正出生地の後屋城・白山城や高見城・母坪城(氷上町)等赤井氏の氷上町側諸城が在る方位をの方向とすれば、直正本拠城は猪の口山の黒井城(春日町)は、戌と亥の間が氷上町と春日町の町堺に位置するカン=「の山の城」と…カンジョウ(乾城)xxxまでの仮称には漕ぎつけた。後は最後のジ!!?。寺に関するものは無さそう?。それに赤井・荻野方の城塞と考えると少し特異な城に映る。
   櫓台からの北尾根鞍部:片堀切状登山道は堀切道だったか?
画像

氷上盆地・黒井盆地を東西に分けて南方には高谷j川が加古川へ、東側には向山連山の山麓とは僅か700m程の山間を、由良川源流の黒井川が流れ出る分水界を成しています。 この山間を氷上・黒井側へ抜ける街道は他になく・間道は山越えとなる。黒井城攻めの織田勢にとっては攻撃に絶好の拠点。赤井勢にとっても侵入阻止の為死守すべき玄関口。豊臣?(未だ羽柴だが)秀吉は別所氏攻めの三木合戦の最中…、丹波に入る事はなかった筈?。明智勢の援軍として播磨方面から侵攻してきた羽柴秀長軍が黒井城西方(氷上町側)の諸城を攻略し、赤井・荻野方の砦だった此処を奪取して改修・布陣したものと思えた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック