丹波八宿まつり 2014

丹波市青垣町佐治(丹波側最後の宿場町)を主会場に例年11月初めの日曜日か文化の日に行なわれてきたのが丹波八宿まつりです。この日には但馬朝来市に越える丹波側最奥の遠阪今出の熊野神社で行われる裸まつり丹波市紅葉三山の一:高源寺へのバスも運行されていた・・・が、今年のイベント”丹波八宿まつり”は第二日曜の9日に順延?されてた。
画像

しかも天気予報は前々日あたりから雨情報。バスの回送は中止された様。予定されていたイベントの中止?やプログラムの進攻順序も変更されていた様子。旧佐治宿場内の民家やガレージ等を利用させて出店されているのは・いつも馴染みの店ばかりですが、それでも数店の空が目立つ。出足もまばらで人出はあまり揮わない。
画像

・・・・・が青垣町住民センターでは作品発表展等、演劇・コーラス?等催しのオープニングには青垣翁三番叟の実演もされていた様…。その様な雨模様の一日でしたが、年齢・性別や服装・仮装等に無制限の飛脚リレーが始まり先ずは活気付く。
雨で濡れた箸・皿の中の(以前は皿内に書かれた数だけ…なんてルールもあったが)アズキを別皿に移し終えた順にスタートしていく。飛脚の挟み箱を模したバトンをリレーしてゆく。
画像

三か所にポイント(関所)が有って、籤引きの色や・ダーツの的の色で遠回りか近道に分かれます。以前にはジャンケンでコースが決まるゲームもあった。籤運の悪い私なら三回とも外れ!!て1.xx?㎞程の走行距離は倍の2.xx?㎞程になるのでは。一チーム5人のリレーには、うち一人に”通行手形”が持たされており、三ヶ所のポイントの何処で使用しても良いが一回限り・・・見せればゲーム無で最短コースに向かえる。一番遠回りのなるのは・どの関所だろう?。
画像

   過去の八宿ブログ↓
丹波八宿 青垣の秋2013 http://40437108.at.webry.info/201311/article_3.html
丹波八宿まつり 2011   http://40437108.at.webry.info/201111/article_4.html
丹波八宿 青垣の秋2010 http://40437108.at.webry.info/201011/article_4.html
画像

リレーは佐治商家街の中を北に向かい東側を流れる加古川(旧佐治川上流部の神楽川)沿いに南下して商家街を周回する。スタートして直ぐ第一関所での「遠回り」は商家街北の古い石道標を但馬街道に向かい加古川沿い。「近回り」コースと合流して第二関所の神楽橋・続いて第三関所の菊の下橋でも遠い・近いのコースが分かれる。下の画像は菊の下橋から堰堤施設から魚の遡上(遡行)を援ける魚道と神楽橋を望む。
 二つの橋の伝承は丹波八宿 青垣の秋2013を参照願います
画像

青垣ボランティア・ガイドのグループでは、丹波八宿には御誂え向き?…”伊能忠敬 青垣を行く”テーマでの研究発表がされた。延喜式山陰道の駅家(うまや)が在った佐治宿は、京を発った山陰道・但馬街道の八番目の宿場町として・また丹波側最北端の宿場が旧街道の面影を残す佐冶宿。北へは遠阪峠を越えて但馬朝来市に至る宿場町佐治を抜けた三叉路に立つ石道標がこれ等を繋ぐ要衝の地でもある事を示します。
画像

今回の説明には丹波(多紀・氷上両郡)八宿(延喜式ではなく)を…文化11年(1814)1月初め”測量方(天文方?)御用”の幟旗を先頭に丹波測量に入った伊能忠敬は和田(現:山南町)・鴨野(柏原町)・桟敷(氷上町)から佐治に入り遠阪(共に青垣町)を但馬に入り後、福知山から多利・国領・黒井(共に春日町)を本陣とし、柏原町から鐘ヶ坂を越え篠山市側追入(大山)に向かっている。氷上郡(丹波市)内での八宿(伊能忠敬の)に充てられているよう。
 佐治宿内の旧但馬街道(鳥居横の細道から山際を)八柱神社側へ…
画像

200年前の江戸時代中期:初めて実測により、また天体観測による位置補正により誤差も非常に少なく正確な日本地図作製の大事業には世界的にも評価されるところです。ところで測量隊の通行筋となる村々での一行受入れ・送出しに当たっての接待全般の苦労話・・・も今回のテーマ解説の主要なところ!!。
丹波青垣の伊能忠敬の行動等研究説明を聞く前には、忠敬一行が食したであろう献立の中から蕪と花鰹の汁椀が振舞われ、秋雨で少し冷え気味の体には、美味しく温かく・待つ間もホッとするひと時を過ごせた。実行委員会のスタッフの皆様ご苦労様・ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック