馬背山城と堡塁  丹波市

年頭には干支の山をと思ったが未(ひつじ)は全国的にも少なく関西圏では府県境の櫃(羊)ヶ嶽だけ?。年を越してしまったが昨年末(2014.12.27)に登った干支の山(馬背山)のUPですが、過去のブログ(2007年・2008年)以後・数回訪れた高見城城塞群の一つです。高見城山の山頂より望む北方には、高見城山からの尾根続き・目立つ急峻な鞍部からの上り尾根、2~3の瘤ピークを連ねるが、谷から一挙にそそりたつ大岩壁をのぞかせる山塊の山上付近にも城郭遺構を残す。
  西尾根筋から馬背山堡塁のあるピークと右手に高見城を遠望
画像

山塊最高ピークを過去のブログでは行者山城として紹介していました。氷上郡(丹波市)遺跡分布図には此のピークまでを含めた尾根筋を”高見城”として包括的に記されていますが、主郭部としての高見城山と石戸山に向かう縦走路途中の”中の台の城(高見城南曲輪)”が発掘調査されて知られる程度。
   高見城から馬背山・正面奥に赤井氏発祥地の赤井野と白山
画像

其の「氷上郡(丹波市)遺跡分布図」にも馬背山城から西は城域範囲の対象外?らしいが、尾根筋を僅か5-60m程にある二つ目?の瘤(岩頭部)傍に馬背山堡塁がある。旧ブログでは行者山城(仮称)としていたが馬背山城<改名・仮称>します。…が両山名自体も殆ど知られていない筈?なので補足しておきます。また高見城の出曲輪ではなく・一固有の独立した城郭の位置付けから高見城支城として命名(仮称)しています。 
  馬背山城(主曲輪から東曲輪<南段曲輪側に土塁アリ>)
画像

行者山(馬背山)には役行者が祀られていたのを、山頂から北へ高度を落としながら萱刈坂(峠)へと延びる北尾根上の、現:行者堂(祠内に役行者像が祀られている)に遷されたと云う。
行者山から高見城の旧名(佐野城)が示す旧大手筋の佐野集落へ向かう岩稜の西尾根の山容から、古名に馬背山(馬瀬山)の呼称がある。地図上に三角点はなく点名記?等による山名空白地帯で、城跡も城史不明の為・共に仮称で表記します。
 馬背山城(西面の主曲輪切岸) 
画像
 
西尾根側の遺構を旧ブログでは馬背山城<仮称>していたのですが、此処の遺構状況から観て馬背山城の出曲輪であり、細く両端が切れ落ちる西尾根筋全体を防御する石積堡塁として馬背山堡塁<仮称を改名>とした。馬背山には平安時代:延喜年中(901-923)に安楽寺(創建等の由緒不明の廃寺)が在ったと云う。馬背山城と堡塁を二編に分けてレポートするつもりだったが、纏めて記載した。詳細はホームページ(登山レポートを山城レポートに置き換え・名称等もブログ共に修正した)を参照してください。
 旧: 行者山城 → 新: 馬背山城
     馬背山城 →   馬背山堡塁 
 → http://tanbakiri.web.fc2.com/TANBA-hotubo-siro-docu.htm#sano
    馬背山堡塁
画像

馬背山城(行者山)も遺構の曲輪段や小曲輪が、佐野から旧大手と思える林道が通じる南方の谷に向かって点在している様子。城攻めでなければ佐野から尾根通しの西尾根も可能だが、推定ルートは佐野からの谷詰めに入山し、馬背山城の南山腹に寺が在ったものか?。山上の馬背山城堡塁付近の岩場・岩壁を修行場する大峰・葛城・丹波修験等の山岳宗教が既に存在していたかは不詳ですが…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック