Moonbeck cafe 福知山市

広小路商店街へは福知山駅から歩くには少し遠く、商店街各店に駐車場も無さそうだが、嘗ては福知山市中心街として繁栄していた新町アーケード商店街で百貨店(現:福知山鉄道館ポッポランド!!?)もあった。
画像

アーケード街を抜け出たところが広小路通りで、車道を挟んで向かい側の西方小路角に素敵なCAFEが在る。広小路通り商店街東端にある和牛専門店には時々”焼き豚”を<福知山市民でなくてもよく知られる老舗の味は人気>買いに立ち寄り、その際に見つけた店(2013年5月頃だったか)はオープンして既に2年。
画像

今日まで未だ寄っていなかったが、既に好評価の人気店。多くの人気店?の様に有名人が寄ったTV放映や、グルメ雑誌で紹介されているのでしょうか?。
しかし:残念ながら入店した半年後に閉店してしまったようです?。 由良川の氾濫による浸水被害が復旧/営業再開するに深刻な状況だったのでしょうか?。 現在(2016年~)御霊神社近くのパン工房・ラントブロートが此の店を>カフェ・ラントブロートとしてリニューアル営業中
画像

此のお店が可愛いお店・素敵なお店…として人気急上昇の様子は、若い子連れのママ友同士や、中高年層・一人で立ち寄るビジネスマンや、女子高生らが昼過ぎても次々と訪れている状況からも想像できる。
アッ!!…肝心の店の紹介が未だでしたネ…店の名はムーンベック カフェ(Moonbeck cafe)<福知山市上紺屋>。御霊神社の東正面:広小路通りに面して駐車場は無いが、御霊神社北側と南東側の広小路側にコインパーキングがある。通りに面しては播磨・丹波・但馬を含めても貴重な?存在となった映画館「福知山シネマ」が在り、
画像

隣には昨年?本屋の中の喫茶店(コミュニティスペース&古本と珈琲”モジカ”がオープンしたが、他にも近年開店した数店が軒を並べる広小路通商店街のほぼ中央部に位置する。隣には名に似合わない?が古民家・万屋風のフラワーショップも陳列を工夫されており一寸寄って観たい可愛い店。  
画像

若いご夫婦で経営されているカフェは天井や梁・柱の古材をそのまま活かし、吹き抜け天井を廻り込むように急な階段を上がる2階にもテーブル席・ソファー席があるが隣席との距離感もあり、其々が半個室として区分され隣席を気にすることなく落ち着ける。階段下空間を棚として使用されている入口は可愛い子供部屋・・・!!。手造り感のあるテーブル席もマイルームのように落ち着ける空間。
画像

ランチは2種類あるが数量限定のお薦め「気まぐれランチプレート」を注文して待つ。お店に名刺に「慌ただしい日常から離れて思い思いの時間をお過ごしください…」とあるように、高・老年齢の私達には店内に貼られたポスター・レジ側のレコード等や心地良いBGM(1960-70年代のPOPs)は懐かしい曲ばかり。穏やかに流れる時間につい・・・長居してしまいそう・・・というより、やっぱり食事後はお茶して長居した

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック