喫茶ラベンダー 多可郡

ラベンダーパーク多可はラベンダー園(面積3.5ha)を中心に、ラベンダーを使った体験や研修ができる活性化施設・物品の販売を行う加工販売育苗施設・芝生広場や里山森林をあわせもち、全体として5.0haにも及ぶ西日本最大級のラベンダー園として、建設工事中の県道丹波・加美線の集客施設として計画され、地元と行政が一体となって進められ平20年(2008)6月15日にオープンしています。
画像

県道78号(丹波・加美線)は加美区丹治から”ラベンダーパーク多可”のある轟・清水坂トンネル<1.931km>を抜け丹波市氷上町三原を結ぶ”主要地方道として、又「小春ロード」<延長約4.4㎞>の愛称も付けられ、平成17年工事着手より8年・平成25年完成し12月21日開通式を終えたところです。約5年間は加美区のラベンダーパーク専用道として、R427号を走る際・何度か立ち寄った施設です。
画像

施設内の加工体験館内にあるごはん亭は先日のブログで紹介していますが、其の並び・奥に総合案内所内の喫茶ラベンダー<多可郡多可町加美区轟>も、中傷の迷惑コメントの対応に疲れ関連カテゴリは、グルメサイトの一方的な投稿コメントではないので、閉鎖した旧ブログにも2013年2月1日付でアップしていた。
画像

モーニングセットや、総合案内所の西裏手?にある芝生・児童遊園設備のある広場や、ラベンダー園の背後に延び上がる大井戸山(794m)の画像等を載せて紹介していたところです。
西脇市方面から杉原川沿いに播州峠へ北上するR427号を走っていると、加美中学校の木造体育館を見る。木造では完成当時は日本最大の体育館だったという。
画像

杉原・門村には国道傍らに門村構居城主だった杉原兵太夫安久の顕彰碑と、山裾に浄居寺が見える周辺が門村構居跡。杉原谷小学校から西北へ市原峠・千ヶ峰へ続く地区道を進むと”孝女:森安小春”の居宅跡>こはる公園に至る。丹治交差点から県道78号(丹波・加美線)へ右折すると、一時期:温泉ブームだった頃・温泉好きだった母を連れてきたかったが、老人福祉センター内の温泉・春蘭荘が在る。
画像

その先・車道だけが清水坂トンネルまで続く中程右手上に見える施設が”ラベンダーパーク多可”。.喫茶ラベンダーのモーニングセットには:ホットたまごサンド・ピザ風トースト…等があるが、今回はランチ。ハンバーグ・エビフライ・生パスタ「ナポリタン」等、曜日限定?らしい鹿肉カレー・棚田のおにぎり定食などメニューがある。善哉が好物だが・白玉なのが苦手でパスしたが、此処の名物?は「ホット白玉ぜんざい風味」(米粉入り白玉だんご)。
画像

加美区箸荷(はせがい)の特産紅茶も楽しめる。多可町中区から加美区に入って直ぐ:寺内交差点近くのBorageでも・・・
ランチのプレートに何か乗せてある…ョ!!? 殻付ピーナッツが入った袋には”福・豆・折り紙の赤オニと青オニ”が貼られている。箸袋にも…今日は節分の日・・・「ラベンダーパーク多可」スタッフ手作りのプチプレゼントだという。次はバレンタイン・デー…かな?、ホワイトデーには・どなたに御返しすれば良いのかな?…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック