黒田城Ⅰ(伝:黒田城) 西脇市

NHK大河ドラマ化決定と放映をうけて2013-2014年度の西脇市内、とりわけても荘園名が今に遺る黒田庄町は荘厳寺に所蔵されている本黒田家略系図等の資料により、黒田官兵衛の生誕地説が有力視され、黒田庄町周辺が俄かに賑やかになってきた様だった!!。
伝:黒田城主郭から黒田城砦群尾根筋西端ピーク
画像

以前より城山とよばれ・山上部に稲荷社を祀る標高Ca130mの半独立丘陵が案内板には黒田城(黒田砦)として整備され、東への尾根続き(稲荷社背後)の鞍部の遺る藪に覆われ見通せなかった堀切も、立木が伐採され下草藪も取り払われ、伝:黒田城への登城堀底道状を呈している。
  伝:黒田城・土塁囲み東郭から城山(312m)黒田城主郭付近望む
画像

鞍部堀切そばからはフエンスが張られた堀切沿いに、整備された遊歩道を下った先・一帯が”姥が懐”の田圃の中に…「姥が懐」案内板と”黒田官兵衛生誕地”の石碑が立てられている。発掘調査によるものか?は不詳だが此処が”姥が懐遺跡”。伝:黒田城を本城と考えれば濠状の溝川に囲まれた圃場「姥が懐」一帯が家臣屋敷跡・一段高く此処に黒田氏居館(城主屋敷)が在ったものか。
  伝:黒田城主郭櫓台北斜面からの竪堀
画像

なを西の加古川沿いに在った多田構居も説明板が立てられている。播磨鑑の多田城(構居)は領主政務の代官所・下屋敷的存在だったものか?。多田城(構居)より加古川の少し上流に松ヶ瀬があり、黒田城が加古川を挟む西向かいの石原城の奇襲を受けた播磨黒田氏滅亡の戦いで、
  伝:黒田城鞍部の堀切(登城用堀底道!!?)
画像

幼少だった官兵衛が母や家老某と姫路へ逃れようとした浅瀬。夜間・雨で増水した松ヶ瀬に母は流され溺死・・・
松ヶ瀬の伝承は・折角の黒田庄町の官兵衛生誕説を、欺く結果になってしまって残念…幼少どころか実際なら25-6歳の成人武者の筈。 
    姥ヶ懐遺跡の(黒田官兵衛生誕碑)
画像

伝黒田城の主郭・稲荷社(櫓台!!?)背後に竪堀・東郭の広い削平段の三方の土塁囲み状は、駐車スペース等に改修の整備ではなさそうと、曲輪外側切岸状をみて納得できた。主郭から・また東郭から北東方へと、天狗山に至る長い尾根続き、丘陵上に何ヶ所か残る平坦段(曲輪)が黒田城遺構と云う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック