山椒亭 加東市

12-3年前:母が腰椎狭窄症手術後の経過後も良くない様で痛みも激しいようで、麻酔科のある明石の病院まで10ヶ月程通っていたが、篠山市の病院にも麻酔科がある事がわかって通院先を替え、其の間にも加東市に在るリウマチ性疾病等には定評の○○メイフラワー病院に通院していた。当初の数ヶ月は此の病院までの短絡コースが判らず、R175号の中国道・滝野ICへの出入口を過ぎて県道17号や社の総合庁舎・警察署前を社交差点に出て幅狭い車道を山国に抜けたり、加東市役所側へ…と行き帰りには色々とルートを変えて走っていた。
画像

其の後はR175号から三草へ出てR372号から嬉野温泉口経由の林道のような北方から丘陵越えの道を抜けて直接向かったが、R372号を直進・木梨交差点から県教育大付属施設の点在する嬉野交差近く、山国の”はり灸と漢方”の○○堂にも知人の紹介もあって、少しは痛みもとれ楽になったか効果はともかく何度か通っていた。
画像

以来10年ばかり・殆ど通る事の無かった木梨から、加東市役所・税務署側を嬉野交差点に出て右折。嬉野口交差点方面手前(東)から図書館等施設側へ右折する角に在る自然派レストラン山椒亭<加東市社>に寄ったが、店の記憶は疎く、むしろ其の隣り(交差点角)に在る洋館建ての瀟洒な”洋菓子ファームまるぐりっと”を覚えているが、交差点の角なので今までは通り過ぎるだけだったので、山椒亭での食事後にそっと!!覗いてみたが、随分と人気の店だった。
    玄菜定食
画像

外観は民芸茶屋風の山椒亭は、入口入って右手に座敷・左手へはフロア(テーブル席と奥に小上がり座敷等があるが、其のコーナー部には自然派を謳う店主の無農薬自然農法米・天然醸造の醤油・無添加な味噌等調味料・有機野菜・自然塩…等々、自然食へのこだわりが窺われる展示即売?や看板表示がある。店内は木造町屋風の落ち着いた雰囲気はランチ時より居酒屋の雰囲気。
     本日ランチ
画像

テーブル席や座敷席も、距離感あり・衝立仕切り等により隣の話し声等も気にならないほど。定食は本日のランチの他・玄菜・楽菜・山椒膳があるが、他にも各種釜飯定食やうどんから一品料理とメニューも多いようだ。定食類のご飯は玄米か白米を選択できる。日や季節により変わる個々の料理内容や味付け等を評価するブログではないのですが、盛付けや食材のバランスも良く、ボリュームもあった。食後にドリンク(+コーヒー120円)が付いていないので、帰路はいつものお気に入りアイガー社店に寄っていく。勿論イートインも利用です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック