ごはんや うの花 小野市

R175号小野バイパス「天神町」交差点で右折、神戸電鉄小野駅前交差点を左折し県道18号を南下、住吉神社前バス停の南約100m程に赤瓦と三角屋根「カレー・かつめし」の大看板の目立つ”勝〇”がある。其の南隣に平屋の落着いた和風建築が在る。来店した日には無地で「からし色!!」の暖簾が入口に掛かっていた。店名”うの花”の花の色ではなく「卯の花<おから>」の色なのかも…?。
画像

玄関脇に小さな日本庭園風の坪庭を配したごはんや うの花<小野市市場町>は内外装ともに木造り古民家カフェ。アンティーク家具類や装飾・民芸小物類が置かれ落ち着いた雰囲気が漂う。フロアで接客の年輩?女性は物腰柔らかく、古着物をパッチワーク・リメイクした様な作業着?からもちょっとお茶「玄米」の女主人を思い出す。
画像

坪庭を配した駐車場側の窓辺には御簾が掛り、衝立で仕切られ半個室の小上がり座敷が三席程並ぶが、掘りごたつ式ではなかったので、テーブル席へ。二人掛け卓が三席ほど、4-6人掛けテーブルが3席ほど並ぶが、椅子共に重厚な民芸調。居心地も頗る良いがBGMは無い方が良さそうだった。クラシカルなジャズならそれなりに雰囲気に溶け込むと思えるが?、オーナーの趣味なら仕方のないことかも…。結構メニュー種類が多い。
    1015年4月:トンカツ定食
画像

小野市までくると・加古川名物!!”かつめし”を目にするが、それなら隣の店が…?と思うと違ったものを…、牛鍋・鳥鍋や良さげな「月の膳」等もあるが結局!!・・・看板メニューらしい?トンカツ定食とママのごはんを注文。お膳にはメモが添えられていて、食後のコーヒー(デザートも付く!!)をサービスで用意していますので、お気軽に声をかけてください…といった内容のメモだったが、つい最近寄った店のドリンクサービスが別料金で結構な価格だったので妻は懐疑的…
 2015年6月…暑い日でソーメンが美味しそうだった
画像

厨房の方にも同年配の女性スタッフで、汁物・揚げ物・煮物等がいずれも丁寧に調理されており、美味しい「おふくろ」の味の定食類。カツや唐揚げのカラッとして中身がジューシーで柔らかな食感と、店内の和風・落ち着いた雰囲気・フロアのマッチした年輩担当者の対応・対話にも好感をもって、また妻のお気に入り店が増えた
   或る日の”ママのごはん”
画像

食後:お願いしたコーヒーはデミタスカップに、懐かしいコインビスケットが一粒?添えられていた。蓋のないミニ壷状シュガーポットの真ん中に木のスプーンが真っ直ぐに突き刺された状態で出されている。初めて観る状態に意味があるのか・拘りなのかは知らないが…ちょっと変わったオモテナシ?と思っていたが、アル理由からスタッフと相談の結果…だそうですョ!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック