北丹鉄道<河守線>本社跡

福知山城周辺から市内を少し歩いてみようか!!…が散策コースが大体は同じコースになってしまう。内記から:今は人通りも途絶えた様な寂しいアーケードを抜けて広小路へ抜ける。4-50年前の繁華が想像もできない商店街を抜け出る所に三ツ丸百貨店・銀行だったか?が在った其の場所?。今は「福知山鉄道館ポッポランド」!!。レトロ感覚一杯の切符売場・改札口…等や北丹鉄道(KTR)関連の貴重な資料が目に付きます。
画像

此の北丹鉄道(KTR)河守線が福知山⇔加佐郡(現:福知山市に併合)大江町河守を結んで、由良川の沿いの堤防や野原の中を抜けて走っていた。設立当初(大正12年)北丹軽便鉄道が地方鉄道営業の認可を受け、北丹後鉄道と改称して営業が開始された。本社跡の西駅公園内に”北丹鉄道本社跡”の石碑が立つ。石碑裏面には沿革や顕彰文が記されていたのかも…?見忘れた。
画像

子供のころ(60年ほど前)・一人で親戚宅に向かうのに、福知山駅から小野脇(小野小町伝説の里)方面へのバス便が少なく、マンボウ(弘法川支流?)の様な山陰線と北丹鉄道下の隧道を抜け現:R9号の羽合から篠尾集落へ、今も一部車幅の狭い車道を歩いて行ったものですが、其の北丹鉄道(KTR)本社と福知山西駅が併設されていた跡地が福知山市天田(昭和小学校北西)の西駅公園で、此処へは”けやき通り”から昭和小学校の裏手(北)を西へ抜けたところ。この後で向かう予定のランチハウス りりィさんへは、まっすぐ北へ直進する住宅街内の車道を進み・交差点の手前左手に在るので店はすぐわかったが、大通り(けやき通り)からは住宅街に入るため、店の案内看板もなく?(店に着くまで?)判り難いかも!!。
 
画像
  
北丹鉄道(KTR)<河守線>は北近畿タンゴ鉄道(KTR)となり、今また《最近?》京都丹後鉄道に名称変更されている様。”福知山鉄道館ポッポランド”には北丹鉄道駅舎が再現されているが、此処の公園内には同鉄道の蒸気機関車「2号機」のレプリカが展示されている。タンク部サイドには右読みで「大日本帝国大阪 汽車製造合資会社」の銘と「OSAKA・JAPAN・1923」のプレートが掛かる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック