ぶどうの木 西脇

丹波市からR175号線を西脇市街地へ向けて南下:北はりまエコミュージアム・道の駅への分岐”蒲江北”交差点。国道を直進200m程にカフェ&レストラン Orangeが、其処から約300m程南にイオン系ショップセンターがあり、
画像

”さぬき饂飩の”・ショッピングセンター側には喃風が、其の間を西に進む車道の先には総合案内所の北はりま田園空間博物館(道の駅 北播磨}エコミュージアム)・レストランたにしが在る。
画像

ショッピングセンター南東角の「道の駅 北播磨}エコミュージアム」分岐の先・寺内北交差点【県道36号線に入り加古川を渡ると日本へそ公園への分岐】の少し手前に、
画像

場所柄からも近隣住民のコミュニティー・スポットの様に思っていたキッチンハウスぶどうの木<西脇市寺内>があった。下記挿入画像のように・よく利用したカフェだったが… 
画像

いつの間にか閉店(2019年)している。地元に親しまれ、結構利用客も多く、時々はライブも開催されていた。玄関ポーチの横の植木には、ぶどうの木ならぬバラの木が植えられ1-2輪ピンク系が花を咲かせていた。
画像

半内部化されている玄関ポーチの一方には不定期?だが店内で行われているライブ演奏者等の写真が並べられ、オーディオ装置にも関心深いオーナーによるものか?、CDが未だ珍しかった以前が全盛の2トラ38オープンリールやイコライザー装置 
オムライス(左手は卵の半熟が苦手で普通に焼いてもらったもの!!)
画像

・メイン/プリアンプ、スピーカー、ターンテーブルと使用されていたレコード盤が側に積まれている。未だ使用出来そう?、PIANOが置かれている奥のフロアがライブステージにも設定される様で、プロジェクター・スクリーン等投影設備もある。
画像

モーニング・サービスはアーモンドで…トーストが半分ではなく一枚分だったのは妻にはお気に入り!!。次回はランチを…とメニュー帖を見せてもらったが種類も多く” お客さまに安心と味を提供したいと、材料は厳選されたものしか使っていない…”、メニュー帖の端に記されている文言がまた面白いので、
画像

ちょっと拝借・紹介しておきますが、他はお店で確認してみてください!!。【長い間テーブル上のメニュー帖にあった文言も 今はみかけない!?…が】 ・恋と三面記事は、お茶の味を一番甘くさせるものだ。
・女とスープは待たせてはいけない、さもないと、冷たくなる。
・アダムが林檎を食べた、その為にわれわれの歯が痛む… …等々。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック