シノワ・縷縷 福知山市

丹波市からは竹田川沿いのR175号線一本。JR丹波竹田駅付近からは竹田川を東に見送る形で塩津峠を越え福知山市側の岩間地区で土師川沿いに走る。以前にR9号線の六人部(むとべ)から高橋屋敷-岩間城を訪ねた際にも、抜け出たところは・塩津峠からの国道を降りきった、地区道と土師川の合流地点だった。
画像

塩津峠からの尾根東端で、市境尾根を廻り込む様に、竹田川が田野(田野城が在った)の先で土師川に合流し、JR山陰本線を抜け出て由良川に合流する地点の西約400m附近に福知山城が在る。城の東端:由良川の水を引込み内堀にしたと思える溝谷は南へ細く延びて成美学苑(現:成美大・短大・高校)・更に市境尾根麓の「もみじヶ丘病院」から塩津峠にかけての一円:広範囲に”堀”の地名がある。土師川を外濠とした一帯を城域に採り込んだ惣構をつい想像してしまう!!?。”掘”の字名は福知山城より寧ろ・旧?福知山女子高等学校背後の西山城~旧創成大学(現:成美大学・短大)背後の荒神山城・東に続く平和公園背後の切岸山城荒木山城を詰城として南北朝期:丹波守護・仁木頼章の子(義尹)が仁木屋敷を築いて以後に関連する名残なのかも?。
画像

R175号は其のほぼ中心地・R9号と交差する”東堀”交差点・ここから府道55号(お城通り)に入ると”松縄手”交差点。綾部市や長田野越えて亀山(亀岡市)に向かう道。市内の多くの店舗がR9号線より北に在って、余り目立たない”東堀”交差点付近。市内に本社を持つ大型店舗バザールタウンが此処にも在り、福知山警察署も其の南側に在る。警察署の西・バザールタウン西南方の住宅地内、照光寺の南に隣接して建つ。
画像
  
住宅地内の一軒家レストランだがポーチに「営業中ランチメニューの掲示板」、寺院側塀にシノワ・縷縷(Chinois・RU RU)<福知山市堀>のサインボードが無ければ一軒の住宅。レストラン・まして本格的な中国料理・四川料理の店だとは、洒落た外観や雰囲気からは清楚なカフェの印象でしかないが、オープンされたのは随分と以前の筈だが、関東から(聞いて直ぐ…横浜!!と感じたが当たり だったよう)地元へ戻られた実直そうなオーナーシェフ命名の縷縷(ルル)が語るように、細く長く・途切れることなく続けていく・・・気持ちらしいが、宣伝無用…で平日でもランチ時は早い時間に満席!!。
画像

テーブル4席と奥に和室が一席あるよう?。縷縷には、客が曳きも切らず・延々と絶え間なく続く…の意味もあるよう。ご夫婦だけ?で営業されているようなので時間・人数によっては予約しておくのがルールなのかも。中華店の賑賑しさはなく・高い天井・太い梁・目隠し衝立状の上には和陶器小物が並べられ、和様の落ち着ける雰囲気も嬉しい。メニューには日替わり・週替わりランチがありスープ・ご飯は御代り自由…今日の日替わりは青菜の炒め・週替わりは酢豚と揚げ豆腐の辛み煮込み・・とあり、妻ともに週替わりを注文。ランチにはデザートに杏仁豆腐が付く。 何度かお邪魔したいので、レポート間に画像の追加やレポート補足追加等を考慮

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック