喫茶 タカ 丹波

R175号の朝阪(あさか)交差点を左折・加古川に架かる夫婦(みょうと)橋を渡ると県道109号に出る。沼貫(ぬぬぎ)から新郷へと白山山麓の赤井野を抜ける。赤井氏一族の本拠地で、荻野18人衆に請われて養子に入り、荻野姓を名乗り朝日城の党首なり後・黒井城主となった荻野<赤井>直正の生誕地後谷城の在ったところ。
画像

丹波三郡(氷上・天田・何鹿)を領し、明智光秀の丹波攻めに最後まで抗した黒井城主:直正は丹波の赤鬼赤井悪右衛門直正の名で知られ、荻野姓の直正では通じない?様だが、天正5年(直正病死の前年)頃まで古文書では荻野悪右衛門尉…。HPでは赤井、赤井<荻野>で補足しているのですが、黒井城登山イベントのパンフにも赤井…と赤井家の家紋:雁金紋が記されている。
画像

荻野家の家紋にも雁金紋があるのかは知らないが、荻野家養子となった直正が赤井姓に戻った?ことも知らない。新郷を抜けると直ぐ・白山の北方に位置して露岩を覗かせる荒々しい弘浪山を望む。南北朝期(建武年代)丹波守護代を務めた荻野朝忠(新郷の赤井氏から分かれた荻野氏先祖とされる!?)等、南朝方が籠った高山寺城が在ったところ。
画像

弘浪山北東麓(上成松)の一宮神社キリシマツツジは有名。其の東北・葛野川近くに平城の成松城が在る。葛野川に架かる成松橋を渡り県道109は左へカーブ。直進は愛宕祭のメイン会場・成松商家群が残る旧街道を県道109に抜け出た所からは弘浪山から移された高山寺(紅葉の名所で知られる様になった)への道が続く。
画像

道なりの県道109号は常楽交差点に至り、109号直進直ぐに高山寺への分岐道に着く。此の”常楽交差点”の手前約100m西側に喫茶&グリル タカ<丹波市氷上町常楽>が在る。ふるさと丹波ひかみの夏まつり「愛宕祭」「造りもの」最西北のグループ(町)か?。喫茶&グリル タカ店の敷地内北並びに建つタカ美容室や数棟並ぶ第○タカ荘、県道を挟んだ東向かいにも数棟の第○タカ荘…が!!建つ。
画像

周辺の「タカxx」は開発・経営共に同一グループによるもののよう。丹波地域で活躍する個人・グループ等応援の”NPO法人たんばぐみ”より、丹波に関するHPについての取材で、打合せに選んだのが此の店。10数年前:Uターンした年だったか?、その一年程前のことだったが相互リンクしており未だリンク集内に健在!!を確認。柏原町石田通りの中央部付近に事務所を移す直前だったか?。
画像

其の場所も今は無く2-3年で現在の篠山市に本拠が変わった。タカさんはランチメニューが多くボリュームもあって、其の後も何度か利用していたが何故か疎遠になっていて・久しぶりに訪れた。内外装共に殆ど変りなく半個室状の北側の二部屋からは安全山や西側に拡がる田園風景を眺めながら、また入口部に並べられた雑誌・漫画本や新聞を読む等:ノンビリ・ユックリ出来るので、地元の馴染み客が多い様ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック