古時計 多可町加美区  

西脇市の北方多可郡加美町:R427号寺内交差点の西(県道8号)側に明るくてセンスの良いカフェ”Borage”が数年前にオープンしており、一旦閉鎖した旧ブログでも紹介していた。其れまでは旧加美町に”田舎の洋食屋”と謙遜した呼名を冠されているが、どうして中々!!…JAZZ喫茶廻りをしていた昭和を想い起こす懐かしく、
画像

深煎された濃厚でコクのある味わいを、近在の喫茶店では中々見出せない。ついつい立寄りたくなる珈琲の味は勿論カフェとしても素敵な洒落た店は古時計一軒くらいしか思い出せない。丹波市青垣町から播州峠を越え「道の駅かみ(杉原紙研究所や和紙博物館もある…)」や、丹波市氷上町から開通(2013年末)したばかりの清水坂トンネルを抜け(ラベンダーパークがありごはん亭喫茶ラベンダーがある)、杉原川沿いの山間の加美区へ通じるので、以来よく利用するコースになった。
画像

まもなくシルバーウイークが始まりますが…加美区から氷上町へ越える清水坂に小春ロードの名称・加美区市原にこはる公園【森安小春】があり”孝行の里”として全国に親孝行の町を発信していますが、同:八千代区は”敬老の日”発祥の町。昭和22年(1947)多可郡野間谷村(八千代町)の門脇政夫村長(のち兵庫県議会議員)と山本明助役が提唱した「としよりの日」が始まりで、
画像

「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、農閑期の9月15日を「としよりの日」と定め従来から敬老会を開いていた。昭和25年(1950)からは兵庫県全体で行われるようになり、昭和29年(1954)「としよりの日」として制定されたが昭和39年(1964)「老人の日」に改称されたが、翌年には野間谷村から政府への働きかけもあり昭和41年(1966)国民の祝日「敬老の日」となった。【Wikipedia等を参照・引用】…田舎の一地域だが自認ではない日本一を探してみた。 
画像

寺前交差点近カフェBorageから国道を北へ約600m程。A-Coopの先・JA加美交差点手前西に約100m。東側に杉原川・目前には段の城-妙見山への枝尾根が落ち込むところに”田舎の洋食屋”古時計<多可郡多可町加美区>がある。ランチ時の古時計店前駐車場(6-7台程度のスペースしかない)は何時も満車状態。
画像

ランチは11時半からだが時期を問わず平日でも12時前後には満席状態になる盛況の人気店です。いつ来ても大概はコーヒーミルやサイフォンが並ぶカウンター内の定席位置にマスターの姿を見ない?…が代わりに立つ若い男性スタッフがマスターの息子さんだった。
画像

店内のBGMや壁のJAZZ・LIVEポスターはマスターの趣味か?、店内に入って直ぐの正面に古いオルガン・天井や壁際にはドライフラワーが下がり、落ち着いた色調の木造りテーブル席と椅子。入口西に半個室状の一テーブル席・フロアとはトイレを挟む狭い通路の奥にも予約席か?グループ用?か、割りと広い一室があり10数年前に一度だけ案内されたが部屋の状況は覚えていない
画像

壁や柱には古い時計が掛けられており、微妙に時間のズレはあるが・いずれも作動している。BGMはクラッシックでも雰囲気に合いそうだが?田舎では受け入れ難いのかも!!?。JAZZであっても誰も聞いている人などいないでしょうが…近在の年配女性・男性客・一見して遠方からのグルメ旅行客!?風カップル等:老若男女様々な客層の誰もが、アンティークで落ち着いた雰囲気に浸り、時間の流れを楽しんで居られる様子。
画像

今回も妻の注文はお気に入りのハンバーグが中心。注文は「ハンバーグと海老クリームコロッケランチ」と「日替わりの紫蘇とチーズ入りトンカツランチ」で、デザートに付くカスタードプディングの上面を焦がした様なクレームブリュレ。カスタード上面の焦げたカラメル層を隅からバリバリとスプーンで割り裂いていく感覚も楽しい!!。ランチにはセットでついているのが自家焙煎珈琲だが、セットの付け足しではなく・この珈琲一杯を味わいたくて今までにも何度か立ち寄った。これからの季節・益々ランチ時は盛況・千ヶ峰が冠雪する頃まで待って又出掛けてみようかナ・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック