喫茶&ランチ マルク 丹波市

ユーロ導入によりドイツの通貨「マルク」は2000年には廃止されているが、其の「マルク」が店名の喫茶&ランチの店が在る…ということは15-6年前には既に存在していたお店!!。県道109号線が加古川(旧佐治川)へ流れ出る葛野(かどの)川を渡る手前:氷上町上成松に在る。
画像

此処からの県道78号が清水坂トンネルを多可町へと丹波加美線”小春ロード”が平成25年に開通した。其の森安小春の生誕地・地区道との分岐に立つ小春生誕石碑の先・車道側にフラワースタンド付き欧風ポスト型の洒落た”レストラン・コーヒーショップ ペンションw・s・モニカ”(閉店)の案内板も立っていたが今はない。矢印の先:北方に美しい山容の水山山麓にヴァルト・スチューベ・モニカ夫人経営のペンションが建つ。
画像

故郷・バイエルン地方の森を再現しょうと敷地内に南ドイツ風の三階建てペンション・牧場・教会・プールもある宿泊施設で、20年以上前のオープン頃に母を連れ御茶だけだったが伺い、夫人手製のクッキーを土産に買ったことも…此処も既に閉店…ところで何処へ行くの…?。
 窓正面に安全山(ハンググライダー基地が有ったが今は?、看板右に愛宕山)
画像

今日はCafe&Lunch マルク<氷上町上成松>ですが、ドイツ風”ペンションV・S・モニカ”と長い間勝手に関連付けて考えていたが違う様。当店”マルク”が地場産にも拘りがあり、フレンドリーな店としても地元での人気が客層や対応でも分かる。みんなの家(春日町)同様に、何にするか決めかねている客に対して、メニューになくとも・親身に口に合いそうなリクエストに応えておられる。
画像

場所は下記に貼付のWebMAPで確認できますが、キリシマツツジで知られる一宮神社に向かう分岐点(一宮神社の白い案内板が立つ)の東側なので説明は不要ですね!!。北約200mの葛野川手前を西に入ると成松城が在る。
画像

駐車場は県道109号線を挟んで東側の店前にライン引きされた7-8台分、西側は一宮神社への分岐点北側に広い空地(更地)?がある。大概は入口右手テーブルが指定席!?、壁に:マルク自家製わらび餅(宇治から取り寄せのわらび粉に国産きな粉をまぶし…)、トクホ飲料(トクホサイダー・トクホ緑茶 等健康志向の方に…。料理の内容にも:何かしら一品一品に拘りを感じさせ、美味しくて・リーズナブル・・・日替わりも・店一番高価?なマルクランチにしてもコスパが高く充分納得・満足できるもの
画像

今度は秋期限定の丹波栗きんコロッケランチを・・・、店前のサインボードには”おいしい水の里”・・・釜揚げパンの文字も踊る。モーニング時に…たまご焼きサンドや秋限定の「丹波栗のフレンチトースト」、コーヒーブレークに自家製チーズケーキや店内販売の”無添加苺ジャム”は近くの(氷上町新郷)”あぐり丹波”の苺。苺パフェや「苺ソースのシフォンケーキ」等・・・地場産食材を活かしたスイーツやランチを試してみたいもの。
更に!!:丹波牛と丹波黒豆うどんを使った「鉄板モツ焼きうどん」と…此れからも楽しみ。美味しい食事・新メニュー開発に頑張ってください。青垣町へ此の道を通っている妻にも・一人で寄れそうなお気に入りの店になった様です。いつもごちそう様です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まっちゃん
2015年10月04日 21:34
いつも楽しみにしながらブログのページをあけます。「みんなのいえ」を登場させていただき、ありがとうございます。


前後しますが、「玉手箱」さんも知り合いなので行きたいけれど、なかなか行けなくて…


素敵なお店の様子がよくわかりました。近いうちに行きたいと思います。
2015年10月05日 10:45
”まっちゃん”ご無沙汰しています。「マルク」さんは”昨年も丹波栗食べ歩きフェア協賛店。今年はMAP未だ見ていないので不明ですが?、スイーツ類や創作メニューには熱心な様子。「みんなのいえ」同様に前を通り過ぎ過ぎるだけでは中身の良さが判らない フレンドリーで美味しい料理がリーズナブルにいただけますね。
”玉手箱”さん ご存知の店だったんですね。案内板を出されているが判り難い場所に在り、しかし周回している西端の車道傍なので間違っていても難なく行ける筈。
山南の”千華”さんとも心休まるロケーションを求めるお客さんの人気カフェですね。未だ新しい店ながら「かどのの郷」を通り越して・もう予約客が!!。平日でも昼時は混んできます。達身寺のドウダンツツジが境内を赤く染める11月末くらいには・お邪魔してみたいと思っています。
コメント ありがとうございました

この記事へのトラックバック