年輪の里「ウッドクラフト展」 2015

今年で第28回となる”丹波の森ウッドクラフト展”が丹波市柏原町田路の「県立丹波年輪の里」の「木の館」内で開催されている。一般の部は10月4日まで展示されているので、同公園内で10月3-4日両日に開催される「アート・クラフト フェスティバル in たんば」も同時に楽しめますね。
画像

優しさを肌で・目で感じる手作感。”木のぬくもり”と、触って楽しむ優しさ・温かさ・・・、一作品ごとに作者により創造される手作りおもちゃの感性・・・・。 今年のテーマ「正方形・円」作品には、ロボット人形を円形枡に嵌め込んでいくもの、サイコロの面に書かれた文字(関連同義・反義の文字)の組合せ等で種々のパズルが楽しめそうなもの、説明無しでは一寸難しそうなもの等、昨年以上にゲーム・パズル感覚の作品が目立つ。
画像

会場内一番奥の棚には今年のグランプリ作品が置かれている。グランプリは「地球のなかま」・準グランプリに「反義語サイコロ」、特別賞のハンドルを回すと手動式の唐箕(穀物の籾等を選別する農機具)を回す農夫・隣で農婦が庭に放し飼いの鶏に餌を捲く動作を再現!!。因みに昨年(第27回)のグランプリは台所の風景
画像

旧「漣」が「ウッデイハウス:レストラン奏旬館」《旧ブログでは紹介していたが》の空き店舗内に今年<2015年>7月ウッデイハウス漣として格段店内広く・明るく、天井高い此処に移って来ている。定食のメニュー(随分と増えたかナ!!)・価格は据え置きのまま、安くて・美味しくて、駐車場は広い年輪の里公園内にあり食事処は此処だけ!!。土日・イベントのある時はファミリーレストランとしても…たいへんな盛況ぶりは想像できる。
画像

ウッドクラフト展のジュニア部作品は続く10月25日-11月8日に展示されます。作品の詳細が判る画像を載せるわけにはいかないので展示状況だけでも…。アート・クラフトフェスティバルin 丹波と併せて訪ねられてもよいのでは・・・。  参考↓
アート・クラフトフェスティバルin 丹波 (2014年) http://40437108.at.webry.info/201410/article_3.html
アート・クラフトフェスティバルin 丹波 (2013年)  http://40437108.at.webry.info/201310/article_4.html
アート・クラフトフェスティバルin 丹波 (2012年) http://40437108.at.webry.info/201209/article_22.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック