たんなん味覚まつり 篠山市

丹波市・篠山市はじめ、昨日・今日と両日にわたっては、近隣各市町内・地区や神社の:秋まつり本番をむかえて、何処へ行こうか…嬉しい選択に迷いますネ。丹波・篠山両市でも各処での”秋の味覚まつり”が行なわれていた。例年:丹波市側からは丹波竜の里公園から県道292号から県道36号の黒石ダム三叉路から県道141号に採りR372号本荘交差点に出る。三田・西宮方面への時間的な短絡ルートとしてよく利用する道。今回も篠山市今田の陶器まつり(日本六古窯の一:丹波焼<立杭焼・今田焼とも…>)の立ち寄って後、篠山市の春日神社秋の大祭に向かうつもり。
  ”まるいの”飛び入りでお手伝い…のつもり?
画像

昨年までは混んではいても何とか臨時駐車場に車を寄せられたが、前々からの”陶器まつり”人気のPRが効いてか、今年は早い時間から既に満車状態…!!。特に陶器類の買い物計画は無いので、西紀町に行っていた頃や会場が”四季の森会館”なので、福祉関連の知人に会えるかも…と、此処で毎年開催されている”たんなん味覚まつり”【網掛城の西山麓】にとJR古市方面に抜け出た。県立施設の招待券が有るので例年寄っている兵庫陶芸美術館だけでも寄ってくれば良かったと思ったが…あとのまつり。 
   負けず”まめりん”も愛嬌の接近戦略…!!
画像

此の味覚秋祭り…等では解禁されたばかりの大人気:丹波黒枝豆ですが、篠山市側には波部黒大豆川北黒大豆等ブランド名のある産地がある。今はイタリアン・レストランで有名な民家も、地区住民の手作りイベントとして「ひおき軒先ミュージアム」が此の時期・城東味覚まつりに併せて行われていたが、同じ開催されているのか最近の状況は知らない。R372号線沿い・一筋南側には旧京街道筋の風情が残りる。各家ごとに趣向を凝らして、表玄関・軒先や塀が農機具や花飾り・古壺に飾られた活花等…良い企画だったが…。
   芝生公園のカブトムシ・イモムシ?・犬等幼児用置物?
画像

此の八上城から東方…日置・城東の地区一帯!!?に池部黒大豆が、「たんなん味覚まつり」会場となる”市立四季の森生涯学習センター”の北方約1㎞で篠山川を越えるが、其の北側が川北新田・川北で、此処川北黒大豆も一ブランド名。一帯の黒豆畑。畑沿いに駐車している車は、黒枝豆収穫の持主か、直接黒枝豆収穫実感を楽しむ?客のもの。同じく近く・篠山IC西の味間は有名な丹波茶どころ。篠山牛の丼も行列のできる程に人気だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック