武家屋敷 安間家資料館 篠山市

篠山市内の四つの文化施設(資料館)を巡る歴史散歩…とは云っても慶長14年(1609年)天下普請により篠山城が築かれる際:城を囲む外濠周囲には八上城下から篠山城下へ寺・商家・武士団を移し区分・城下を整備【町割り】された。其の名残を留め伝統的建造物群保存地区となっているのが:篠山城東に河原町妻入商家群と、篠山城西の”お徒士町武家屋敷群”で、江戸時代末期の建築様を今によく残して篠山市の文化財(平成6年3月23日付け)指定されています。
画像

城の外濠周囲に武家町が配されていたが廃藩・明治維新以後の激動に、城内三の丸広場や西堀・南堀沿い大土塁内側の家老・重臣等の武家屋敷群は其の痕跡さえ消滅して(篠山城大書院内の放映ビデオ等で確認してみてください)更地となり・南堀の南側筋や西堀と一つ西の筋に武家屋敷跡が残る。篠山藩政時代から明治の歴史散歩:其のⅡは武家屋敷 安間家資料館(篠山市西新町)です。
画像

其のⅠ青山歴史村から篠山城大手馬出し(土塁残欠が遺る)からの北堀沿いを西へ進み、西堀沿いの筋にも南堀との西角付近には小林家住宅長屋門が在る。篠山藩主:青山忠裕(ただやす)が老女:小林千衛の為に改築した長屋門と云われます。
画像

南堀とは道を挟んだ南馬出土塁虎口の存在は日本唯一の遺構とされます。小林家の長屋門から南へ・南馬出を囲む外堀の西南角の西側の空地?は篠山藩10代青山忠高により設立された藩校「振徳堂」跡、篠山藩13代忠良の子:青山忠誠(ただしげ)による篠山中年学舎(県立篠山鳳鳴高校の前身)は、春日神社本殿北側の社務所前に開学の地碑ともにある。
  主の座敷は庭園に面した客間・居間は曲屋で続く奥(西)の間か?
画像

西堀・南堀の角《小林家長屋門と藩校の振徳堂との間》から幅狭い車道を西へ約80m程・抜け出たところが西新町の「お徒士町通り」。名のとおり:外堀の外に在って藩主警護の徒士衆(下級武士・足軽等)の武家屋敷群が通りの左右に10数軒が遺るが、今も一般住宅として使用されており、武家屋敷として唯一公開されている安間家資料館を訪ねるには此の「お徒士町通り」を北へ約80m。
  曲屋の母屋と蔵が並ぶ内庭・奥に畑地だった?築山と竹藪が…
画像

御徒士町通りの一角にあって天保年間(1830-44)の建築だが、天保元年(1830)の大火災により一帯・大部分が焼失したが、程なく復興した際、安間家とう通路の西側屋敷を約6尺(一間 1.82m)後退させ、火除け地をつくって火災に備えたと云い、今でも道路と土塀の間には犬走状の空地をもっている。現存する徒士住宅の大部分は其の後に建てられたもので、安間家も天保8年頃の再建か?。禄高12石3人扶持(足軽より上か?)の茅葺・入母屋造りの徒士住宅。
画像

間口6間半・奥行7間半の丹波・北摂地方に見られる曲屋で、安間家(母屋は市指定<平成6年(1994)3月23日付・翌1995年より一般公開された>文化財)の屋敷門を潜った左手土塀側に井戸が有り風情を添えているが、元は畑(内庭の築山から西に続く竹藪含め)にあったものが移設されている。安間家住宅と安間家に残された古文書や食器類・家具を始め、その後寄贈を受けた篠山藩ゆかりの武具や資料を中心に資料館として改修・公開展示されており、徒士武士の質素ながら武家の誇りをもった暮らしぶりが垣間見られる。
 曲屋の母屋内角の縁側の側に水琴窟(資料館となった後の築造らしが風情にマッチ)
画像

青山先祖は群馬県中之条町青山の出身と云い、松平氏に仕え常陸-武蔵-遠江国浜松-丹波亀山(亀岡市)へと転封、寛延元年(1748)青山忠朝(ただとも)が亀山藩(亀岡市)から第9代篠山藩主(青山家初代)として多紀郡篠山(篠山市)に5万石で移封され 青山家6代忠敏(ただゆき)の代に維新を迎え廃藩するが、安間姓は東海(静岡)~関東(群馬)にかけて多く、関西圏では極少ない姓なので?、国替えの都度:青山氏について此の篠山まで付き従ってきた家臣なのでしょう?。安間家はじめ徒士町の武家は廃藩後も篠山に留まり家を守り手入れを怠らなかったことで、現状の武家屋敷群の面影を今に伝えます。
(お徒士町通り武家屋敷群・安間家資料館等市の現地説明板参照)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック