丹波八宿 青垣の秋 2015

青垣町は”空の町?”、パラグライダーがテイクオフする岩屋山山頂・加古川傍の田圃のランディング場もイベント会場からは近いが、今日ばかりはセーリング中のパラグライダーを見掛けない?…というより、空を見上げる事もない…昨夜から:そぼ降る雨は止む気配もない。  飛脚リレーのチームの最終ランナーを待ち侘びる人々
画像

遠阪峠を但馬朝来市に越えるR427号「小倉」交差点の南・加古川(佐治川)を越えると青垣町佐治の旧メインストリート・分岐コーナーには但馬路を示す古道標がたつ。例年11月3日(文化の日)には丹波紅葉三山の高源寺山開き・熊野神社のはだか祭りがあり各シャトルバスが運行され、紅葉鑑賞と丹波の奇祭!!文化が楽しめたのだが8日に延期された。
 宿場町風情が残るイベント会場:ストリートの飲食用テーブルは懐かし写真も飾られる
画像

町の行事にチャーターするバスの出費等が嵩むので今年から廃止になったのかな?とおもってしまう幸い大降りにはならなかったが終日愚図つく雨模様。しかも東に約300m程・市役所青垣支所内住民センターで開催されている文化祭の当日はクラブやサークル活動の成果発表?的なステージもある様で、和菓子出店の手伝いがなければ妻も誘われて出場?、
   歴史散歩ポイントの一「きくがした橋」から雨に煙る岩屋山方面
画像

当日ボランティアガイドの一人もツアー終了後は2時半頃からの手話歌や寸劇?出演のため住民センターへ向かわれていた。八宿祭のメインイベントの宿場町飛脚リレーは雨天の為か例年より早い時間にスタート、地域活性化等活動に取組む大学の地元スタジオ内や屋台・地元高校生・商工会女性部・
   歴史散歩ポイントの一「朝倉家(養蚕農家)内部は仕事場居間を一つにした三間取りの古い手法の民家建築
画像

自治会・婦人会らが出店の食事や飲み物・手作り品や丹波この地の特産品(あまごの塩焼き・古民家を借りての丹波布展示や糸紡ぎ実演)や弁当・軽食の屋台等が並ぶバザー出店を見て廻るのも楽しみ。青垣青年部のリアル紙芝居:今年は丹波のむかしばなし…から「遠阪峠のひだる神」のおはなしです。舞台前の広場横には:むかしの懐かしさが甦る様な!!?屋台に玩具・遊びのコーナーも。
   「リアル紙芝居」は丹波むかしばなし”遠阪峠のひだる神”
画像

ボランティアガイドと巡る「宿場町 佐治」は以前と同じコースでの青垣町歩き。佐治生まれの儒学者:小島小斎ゆかりの神楽川板橋と其の碑、メイン会場側の「ツバメや」さんも300年以前の堅牢な江戸時代の豪商(平入の玄関を入ると珍しい三和土(石灰・にがり・真砂土の混合)敲きの土間。「ツバメや」さんの別邸が最後に訪れる竹西亭で小島小斎の私塾跡。
 歴史散歩ポイントの一「竹西亭(小島小斎が豪商の別邸を私塾として開校した)
画像
 
【参考】丹波聖人 小島小斎は但馬聖人と呼ばれた池田草庵(養父市八鹿町 宿南城近く青渓書院を開塾)とは青年時代からの友人で、柏原藩後期織田家4代藩主(信貞・信敬・信民・信親)に仕え、信親の頃の地位は家老の上にあって藩政改革を推進・尊皇佐幕が対立した藩論には勤王に統一し、大きな混乱もなく明治維新への道を示している。
画像

 過去の丹波八宿まつりレポート ↓
丹波八宿 青垣の秋 2014 http://40437108.at.webry.info/201411/article_10.html
丹波八宿 青垣の秋 2013 http://40437108.at.webry.info/201311/article_3.html
丹波八宿 青垣の秋 2011 http://40437108.at.webry.info/201111/article_4.html
丹波八宿 青垣の秋 2010 http://40437108.at.webry.info/201011/article_4.html  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック