ふれあいサロン(喫茶) 丹波市山南

3ヶ月ほど前から(経緯や主旨の詳細は知らないが…)丹波市山南町小川地区自治振興会の小川地域づくりセンターにおいて、隔週の月曜日・朝8時から10時半頃までモーニングサービスを提供する喫茶がオープンしていると聞いた。開店日には「地域づくりセンター」正面入口の前にふれあいサロン(喫茶)<丹波市山南町奥>。開店?ではなく”開催中”!!とあり、ラストオーダーは10時20分。起業家グループではなくボランティアによる運営により「交流の場」を提供しているらしい?。
画像

西脇市にも月一度だけ、市民農園の研修等管理棟で、地元主婦らが開店するカフェ”あんずの里”がある。コミセン比也野では週1で弁当かランチを提供する”へそでちゃ”がある。いずれも地元・地区内住民とのコミュニティつくりの交流の場としてのイメージが強い。
テーブル上に置かれている立札?には川柳の一文が…
手をつなぐ 昔はデート 今は介護 ・ 改札を 通れず よく見りゃ診察券 ・ 痩せてやる これ食べてから 痩せてやる ・ 胃カメラじゃ 決して見えない 腹黒さ ・ いい家内 10年経ったら おっかない ・留めは!? 日帰りで 行ってみたいな 天国へ …高齢者を対象とした福祉関連「ふれあいサロン」の様ですネ
 
画像

ふれあい・サロンxxx…の福祉関連文言からWeb検索すると:丹波市社会福祉協議会では高齢者の方やボランティアが定期的に集まって楽しく過ごし、身体を動かしたり、会話をする地域の居場所づくりが推進されており、其の活動を「ふれあい・いきいきサロン」と呼んで、公民館・地域つくりセンター等・歩いていける場所で開催されているとある。地区により其の活動内容は様々だが、小川地区ではメンバー数?や運営上の都合からか?永年続けられてきた婦人会や老人会(松寿会)の活動が今年で閉会された。
画像

その為かどうか?、ふれあいサロン(喫茶)へは開店を待ち兼ねた様に三々五々、会議室(教室)兼食堂に入店されてくる。顔ぶれは年齢層からみても多くは元松寿会のメンバー!?!、殆どが歩いて来れる距離なので数人が誘い合わせて食堂に入って来られるので寄合テーブル席も早い時間に満席状態になる。厨房・食堂間を配膳に忙しく往復しているボランティア側も地区内他自治会の元婦人会メンバー!!?が主力のようですネ。
画像

メニューは一種類だけ・黙って座って待っていてば来る…!!。トーストにゆで卵とバナナ・サラダに一品付くデザートは毎回工夫・創作されたものが供されるよう。今日はオレンジジュースだけに砂糖・塩を少々加えただけのサツマイモ甘露煮!!。テーブル上には御自由に!!…と飴玉を入れた箱や茄子のジャムもパック詰めで置かれている。客もスタッフも知り合いばかりの店内には食後も会話に話も弾む。此処に母が居れば喜びつぎの開店日を心待ちするだろうな…と思いながら自宅に戻った。
画像

ただ車椅子での入店。非常時の建物外へ避難の非常口設置も必要になりそうです。スタッフの人数も多く、次回は別メンバと交代の様なので月1回の御役目。お惣菜・デザートの新メニュー考案に充ててもらいたいもの ワンコインの半額以下で利用できるので「社会福祉協議会」の”ふれあい・いきいきサロン”の活動だと勝手に解釈していますので…起業グループ活動なら指摘してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

イッシー
2015年11月28日 21:56
本当にお久しぶりです!天々さん!猪名川町のイッシーです!今は川西市に在住しています!最近ではあまり山城跡探訪していませんが久々に南丹市の天引高山城跡たるものに探訪しに行きます!また探訪致しましたら遺構などをご報告致します!またご一緒に山城跡探訪できたらいいのですが⁉

この記事へのトラックバック