イル・プルチネッラ 福知山市

R175号は丹波市市島町から塩津峠を越え福知山市に入り、しばらく土師川・福知山線と並走して、福知山警察署前から東堀交差点に出て、9号線高架沿いを左折し9号線に乗り、陸上自衛隊福知山駐屯所前を過ぎ・信号二つ目の広峯交差点で右折するとJR福知山駅南口の広場<南口公園>に着く。
画像

東堀交差点から「お城通り」を直進しても、JR福知山駅前東手前までに左折しても向かうのは駅前南口。此処の信号付き交差点を西へ左折し約100mにホテルアールイン福知山がある。「鉄道のまち ふくちやま」をアピールするシンボルとして福知山市の惣玄関でもあるJR福知山駅の南口広場を鉄道公園として静態展示されているSLはC11型40号(1933<昭和8年>製)珍しく橋梁の上に載せられている。
画像

橋梁の両端にも半円状のレールが‼!?付く福知山機関区で使われた転車台(ターンテーブル?)に載せられた状態で静態保存(駆動が可能なのかは知らない ?)されている。この円状展示物の広場周囲には、放状に延びるレールが描かれていて・その機能説明にもなっている。機関車の近くには旧駅舎改修整備工事によりプラットホーム上の鉄柱等を移設しての東屋(説明板も設置されている)があり、一地方の産業遺産として貴重なもの。
画像

ムーンベックCafeがある広小路りのポッポランドや、ランチハウスりりイに寄った帰路に通りかかり見つけた北丹鉄道<河守線>本社跡にも往時(1923<大正>製造)のSLが展示保存されている。
JR福知山駅南口鉄道広場と、その西に隣接するJR福知山駅第2NKビル(スポーツジムが入る?)との間・車道を挟む南側正面のホテル・アールイン:一階にTRATTORIA e' BER IL PULCINENELLA : イル・プルチネッラ <(街の小さなごはん屋さん) 福知山市南町>がある。
画像

車道側の店前に左記表示の看板があり、サインボードの”街の小さなごはん屋さん・・・”文言からは気軽に利用出来そうな感じ。一方でホテル・フロント側からの入口には白文字でTrattoria e Barとあり、雰囲気はよさそうだが下戸には二の足が……のイタリア料理店。ホテルの中にあるが外からでも出入自由。ランチ利用なので何も頓着することなく入店する。
画像

三フロアに分かれている店内の壁や棚には店主夫妻?の趣味で蒐集されたものか?雑貨・小物やオブジェ・写真(舶来?の自転車も‼!)等が飾られ、随分とカジュアルな感じで、子供達にとって興味を惹く蒐集小物類は、開放され自由・手にとることができれば、子連れ家族の入店でも楽しめそうです。
画像

店内に置かれている手書きの掲示ボードを見て小皿料理の多さも・さることながら、其の内容にもちょっと驚き。
福知山市は一部地域を除く山間の都市だ。隣接する綾部市と共に新鮮野菜が、また鉄道・陸路からは丹後宮津・舞鶴・若狭へ通じて、魚介類を食材とする店は多い。イル・プルチネッラさんも地元の福知山・綾部の野菜類・綾部の豚肉‼!・市内牧場の牛肉…等々、沢山あって覚えていないが和食ではなく・イタリアンの食材として、違和感なく使用されていることにも驚きです。
画像

本格的な?イタリア直輸入食材の利用もあるのでしょうが、地元・近在の旬の食材(魚介類・野菜・肉類)を使用してのメニューは多種多様で、その多さ・小皿料理等もコストパフォーマンスがよくて、何よりも洋食の食材加工の取組が地産地消を徹底されていることも珍しく‼?、その工夫・努力には敬意を表します。
画像

メニューにプルチネッラさんお薦めの、手作りイタリアお惣菜ランチがあったので注文。6品の前菜に+一品に自家製パン、ドルチェ(デザートと飲み物)が付く。それに:ピッツアランチのプロシエート(生ハムのせ)をとって二人で分けるには丁度。惣菜ランチだけではちょっともの足りない…パスタやピッツアは其々に数種類から好みのものを選べます。単品前菜の種類が多く安い(殆んど200円ほど)ので組合せるか、セットメニューに追加等・・・楽しめそう・・・です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック