アボンリーハウス 多可町

西脇市街地から多可町中区-加美区へ抜けるR427号線沿いに建つ一軒家の喫茶店。多可町役場に近い中央公民館前交差点の南約200m程、車道側の大きなメイプルリーフがモチーフのサインボードは目立つが、建物の外観もまた内装も洒落たお店には、
画像

田舎にUターンした10数年以前・営業で外回りしていた知人から[一度寄ってみたら…いいよ]と聞いて寄ったことがある。旧ブログで一旦は閉鎖していたグルメ関連カテゴリの早期にも紹介していた。モーニングやランチのメニューも特製の種類が多く、喫茶・ランチに何度か訪れる店。
画像

当時から自家製チーズケーキはじめスウィーツ類には定評があった。赤毛のアンをコンセプトに創られた店はサインボードの”シンボルマーク:メイプル(楓)リーフ”に代表されているのかも?。店の名はアボンリーハウス<多可郡多可町中区茂利>。
画像

メイプルリーフ旗はカナダ国旗。カナダのプリンスエドワード島は「赤毛のアン」作者ルーシー・M・モンゴメリが住んでいた島、赤毛のアンの主舞台となるアボンリーのモデル・グリーンゲーブルスハウスがある。
画像

店内のテーブル席は左右に分かれ、一段低い東側は大きな窓際席の大小テーブル席が間隔広めに配置され・天井も高く明るい部屋は開放的で寛げる。それだけに[お子様はご遠慮…]の案内掲示がある。左手手前奥に2テーブル席があって・此方は落ち着いたルーム。
画像

いずれのテーブルにも、庭に咲いている花々を一輪挿し・小瓶で飾られている。私達の窓辺のテーブルにはカナダ土産[メイプルシロップ」の空き容器?だろうか…、パントリーの壁にも掲げてある店のロゴマークともタイアップして効果大!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック