亀山城 (Paper Craft)

全国各所に存在した城の古写真を見た。明治の廃城令以降にも財政難?で取り壊されたり先の大戦や失火等により焼失してしまったものもあるが、県や市のシンボルとして模擬復元されたものもあるでしょう。櫓しかなかった筈の城に存在しなかった天守閣が出現…!!例もありそうですが?、現存していない天守ですが城の古地図・古図面や築城資料/崩壊寸前ながら古写真が残っており、それらにより当時の天守を復元。
亀山城を探していて”吹田市立博物館 No15 丹波亀山城天守”がペーパークラフトとして無料DLできる。部品数もすくないので簡単に出来そうなので作ってみた。
画像

三重県亀山市の城ではなく、紛らわしいが亀岡市の亀山城(亀岡城)で、天下布武による[丹波攻略」の拠点として、丹波平定後は丹波守護となった明智光秀が本拠城として築いた城が丹波亀山城。当時の縄張り・城の様相等は不明ですが、慶長14年(1609)亀山藩主岡部長盛が入封し、篠山城と共に山陰道の要衝を抑え、大阪城の包囲網として最大規模の整備工事を天下普請により2重の小天守と、最上重屋根に入母屋・唐破風があるのみで、各階に装飾的な窓・破風は一切ない、当時としては珍しい(我が国初!!)層塔型の5重5階大天守を持つ複合式の天守が上がった。明治期まで姿を留めていた同型として、復元された島原城(天草四郎の島原の乱の舞台)の姿を思い起こした。
亀岡城レポート  → http://kirinosato.fc2web.com/KYOUTOkameoka-siro2.htm
二人の反逆者② → http://40437108.at.webry.info/200811/article_9.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック