丹波ふれあいフェスティバル 2016.10.29/30

丹波ふれあいフェスティバルが10月29-30日の両日、県立丹波の森公苑を会場に開催されていた。”はがき案内状を見る限りでは・同イベントの規模が此れほど大きいものとは知らず、丹波市の「ちーたん」・丹波篠山市の「まるいの」に兵庫県の「はばタン」が既に実施期間終了の「丹波栗食べ歩きフェア」PR欄にいるだけ?。
画像

イベント会場の入口:キリン・ゲートでイベント「丹波ふれあいフェスティバル」のカタログ(パンフレットとするにはあまりにスケジュール等内容が多岐にわたり多くて濃い!!)を貰ったが、例年の丹波GO!GO!フェスタに比べて、出店のテント・ブースの数が格段に多く、何時もなら空いている広い中央の東西芝生部分にもテントが並び、中程にはミニステージも設けられている。(メインステージは公苑管理棟を抜けさらに続く会場の最奥)
画像

フェスタの主旨がよくわからにまま、公苑事務所(管理情報棟)に向かう。兵庫県内工業高校が主らしい30程のブースでは工作教室やソーラーカー展示やソーラーラジコンカー操作体験、住民センターではロボット競技大会もあった様子。ボーイスカウト?活動紹介ブースも、息子が入隊していた(カブ)西宮16団は40年程前になくなったが。前日?の降雨により足元・芝生は濡れ・泥濘もあり歩道部にシートが敷いてある。
画像

メインステージは公苑管理棟を抜けたホールと生活創造センター間の芝生:会場最奥に設けられていたが、芝生広場のミニステージでは歌声喫茶…少い聴衆のなかに知合いを見つけた。キーボード奏者が地区担当?先生だと…本フェスタのカタログに”ふるさと兵庫”の歌詞が載せてある。兵庫県にも制定された県民歌が存在したが現時点では県民歌はなく?、準県民歌的存在の「ふるさと兵庫」が県民歌として認識されつつあるのかな?。
画像

XXフェスティバル…福祉まつり…XXコーナー…等 盛り沢山過ぎて、目移りするばかり、2時半も過ぎると終了時間が迫っているようで気忙しい。丹波の森公苑とホール間で募金活動をしているボーイスカウト・カブスカウトのところへマスコットキャラクター達が駆けつけて?くる。丹波市の「ちーたん」・福知山市の「ドッコちゃん(福知山音頭の♪…ドッコイセ 々♪から命名)」・綾部市の「まゆぴー」にしては一寸?…と思ったマスコットは京都府のPRキャラクター「まゆまろ」も。
画像

森の京都・綾部市の繭、海の京都・丹後縮緬…等々:京都府のPRを担う府の広報監といい、纏うのは西陣織の着物だと!!いう。丹波ふれあいフェスティバルは、京都丹波・兵庫丹波は丹波として一つ…の思いからの丹波ふれあいxxxであり、兵庫PR・京都丹波PR・兵庫丹波PRを通して”ふれあいコミュニティ”イベントととして続けていってほしいものです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック