フランス中戦車 ソミュアS35(Papercraft)

戦車シリーズ第7弾は第二次世界大戦で使用されたフランスの中戦車SOMUA(ソミュア S35)で1936-40年にかけ開発され、フランス陸軍機械化師団の騎兵戦車として竜騎兵連隊や胸甲騎兵連隊などに配備され430輌が生産された。
画像

”S35”のSはSOMUA社・制式採用された1935年を示すもの。「歩兵戦車よりも機動力のある戦車」として生み出されたもので、第二次大戦初期の戦闘力としてはライバルであるドイツ3号戦車を上回るとされるフランス最強戦車といえるが、反面・生産コストが高く、構造が複雑なため、整備も難しく莫大な労力が要求され欠点があった。
画像

一般的に「騎兵」と言えば足の速い馬に乗って戦う兵種として知られているが、そのことから現代においても「機動力の高さを武器にする部隊」という意味合いで比喩的に用いられ、本車はそういった用途に向いた車両として作られ、同クラスの他の戦車と比べ、足も速く装甲も火力も高い。
画像

車体そのものは高い防御力を誇るものの、その側面は乗員の出入り口や機関室の点検用ハッチなどが多く設けられているために脆弱となってしまった。また車体は生産性を上げるためいくつかに分割された鋳造製の装甲板をそれぞれボルトで結合するという形式をとっていたが、これが外部からの衝撃などで破断された場合は車体がバラバラになり、たとえ貫徹していなくても行動不能となってしまった…。
 Wikipedia(ソミュア S35) ・ [戦車研究室]<猫丸さんサイト>ソミュアS35中戦車を参考

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック