大原のお姫様 Ⅰ 三田市

先のブログで立寄りの「お屋敷がんこ」がんこ 三田の里は、大原城藤原(大原)上野守宗隆を先祖とする後胤のお屋敷で、約100m程:直ぐ南東の大歳神社背後には天神の尾城がある。更に南・お屋敷から約500m程の地点に大原氏の本拠:大原城があり主郭に姫山神社が祀られている。
   大原城主郭・東郭と三ノ丸(中央民家付近)遠望
画像

兵庫丹波(丹波市・篠山市)の「丹波のむかしばなし」のように、三田市にも「三田の民話」<最新の?「さんだ みんわまっぷ」?等>に30話ほどが収集されているが、過去の山城訪問の都度…等に花山院と一二妃・猫間中納言と母子草・十倉城異変・くわばら…欣勝寺・穴口城と姫塚・酒嫡のお水・青野城合戦…等々の伝承が残ることを紹介。
 大原邸庭園
画像

六甲山から三田千丈寺湖・丹波の山へと伝承を繋げて面白い「千丈寺山の天狗」や此の大原のお姫様も「三田の民話」の一つ。文永年中(1264-75)大原・川除の地を領して、大原の里に来住した紀伊国近衛家の公家:藤原上野守宗隆<大原城を創築した築城主>には、美しいお姫さんがいた。
      大原家菩提寺の青原寺
画像

お姫様の話は大原の里とは武庫川を挟んだ川向こうの貴志の里の豪族で貴志城主貴志五郎四郎の耳にも入り、うちの長男にうってつけではないか・・背が高く美男で武芸 も優れている。「是非 我が息子の嫁にもらい受けたいが…」「貴志氏のご子息は立派なお方。
 大原城東郭から(中央奥)青原寺/千ヶ坂城を望む
画像

娘も承知するだろう 」貴志の豪族に嫁入りすることになり、持参した田圃 「姫田」は三町歩 (約三ヘクタール)もあったという。初めのうちは仲睦まじく、大原と貴志の里人も以前に増して仲良くなるほどだったが、不とした事から夫婦の仲が次第に不和となり、姫様は大原へ返される事になり、
  貴志五郎四郎!?の標柱が立つ居館(館城跡?)
画像

持参した「姫田」も戻されが大原の田になったからには貴志の水は貰えないので同情した大原の里人は三田川(武庫川)の底に管を通して大原から水を送るようにしました。此れが「姫田の送り水」の始まりだということです。不幸な出来事は両里人の和をも持ち去ったようで、 それ以後仲も悪くなっていきます。
大原のお姫様 Ⅱに続きます。
大原城址の主郭に姫山神社が祀られている ↓ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック