ニジイロクワガタ <PaperCraft>

ニジイロクワガタ【学名: Phalacrognathus muelleri】 はオセアニアに生息するが、ニューギニア南部の熱帯雨林地域及び、オーストラリア北部のクイーンズランド州が有名な生息地。
画像

キンイロクワガタ亜科としては大型で、体長は雄36.8ー70mm/雌25.5-36.4mm、雄の頭部は小さく幅が狭く、大顎の基部は互いに強く接近し、また上向きに半円を描いて湾曲し、先端で二股に分かれている。

画像

体に2本の赤い帯があり、光の当て方によって体の色彩が変化する(英名:Rainbow beetle)。七色に輝く世界一美しいクワガタとして知られ昼行性であるため、日光を反射させる事により
画像

体温の上昇を抑える為と考えられています。体色そのものが林の中では迷彩色となって外敵の目から逃れたりするのに好都合だと考えられている。
  A4 3枚 部品数は69個  【Canon Paper Craftの解説文 及びWikipediaを参照する】











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック