白蛇伝説と行者山砦 丹波市

織田信長「天下布武」の号令に明智光秀を総大将に始まった「丹波攻略」に関わる地方都市!!【福知山・綾部・舞鶴・宮津・亀岡・長岡京市…その後、丹波市等】により6年程前よりNHK大河ドラマに明智光秀を…と共催のドラマ化誘致が推進され、やっと?放映が決定した「麒麟がくる」は、光秀の若い頃を描いたもの、
  黒井城から霧の中の「葦原」一帯
画像

ヒーローの”よいとこ 取り”シナリオからは、秀吉の三木合戦同様に多紀郡八上城を包囲した飢餓作戦・氷上郡黒井城攻略には”呼び込み軍法(戦法)”の波多野氏との挟撃ちによる反撃に、形勢逆転して光秀は敗走。黒井城を攻めきれず羽柴秀吉が加勢。其の大将:脇坂安治が降伏を勧める使者として単身黒井城に出向き、其の武勇に荻野直正が家宝の「貂の皮」を与えて返した逸話…等々、
 光秀の柏原八幡本陣側から高見城‐鴨野城‐穂壷城方面
画像

物語後半の不名誉な内容!?がドラマ化されることはなさそう。また下世話な”本能寺”場面を抜きにして光秀を語れない…?が、光秀謀反を評する前に将軍足利義昭を利用し、目的を達成すると追放した信長の裏切はどうなのか?。将軍追放により波多野・赤井・荻野氏ら丹波勢が離反したことどもは…。
  朝日城から「葦原」を隔て千丈寺砦と黒井城
画像

「丹波のむかしばなし」の数多い伝承のなかに上記「貂の皮」は載せられているが、八上落城悲話・黒井城攻防・戦国の世の武士や庶民の生活、往時の自然風土生活を伝える伝承は「こども向け…?」内容に適さないのか?、見当たらない…!!?:其処で黒井城攻め初戦(天正3年<1575>9月18ー19日)明智軍は茶臼山本陣付近へ集結・20日には合戦となった?伝承を一つ。「地元紙にも最近掲載されていた”白蛇伝説”の葦原明神をご存知のかたも…」
   黒井川から黒井城と行者山砦
画像

向山連山裾の歌道谷を石才・朝日(赤井才丸が荻野一党の盟主として入って城だが明智方向城になっていた)・立野で県道171号に入ると正面に行者山砦兵主西砦・千丈寺砦黒井城の稜線が望まれ、圃場が拡がる長閑な風景の中程を黒井川が流れる。県道の西・圃場の北に宅地・工場裏手の細い路地の奥に鎮まる小祠が”明智軍撃退契機となった”奇蹟の白蛇伝説がのこる葦原明神【大正12年<1923>若年神社に改称】
画像

黒井川沿い石才ー朝日ー立野にかけては現在でも豪雨災害で冠水するが、伝承往時:付近は葦が生い茂る沼地で”葦原”と呼ばれ、田圃は水を抜かず沼田濠。此れ等を挟んで集結した圧倒的な明智の大軍を前に黒井城砦群に拠る荻野軍が対峙していた。…伝説なので東軍・西軍の配置や距離感が実態にそぐわないが話はハナシとして…
 行者山砦北面曲輪切岸・下段帯曲輪が主郭へ巻き上がる
画像

***明智軍の先鋒:妻木主計が戦いを挑み暫く交戦した後・予定の退却を開始。一帯の葦原・沼地へ呼び込むための退却で、妻木等明智軍が葦原に入ってきたとき、黒井城側から射られた矢文が落ちた。前戦とは矢文で連絡をとっていたので「敵に渡してなるものか…」、明智方ともに矢文が落ちた辺りに駆け寄っると、白蛇がうずくまっており、明智勢に向かって鎌首をもたげていた。
 南2段目曲輪から行者堂(不動尊像が祀られ役行者より大峰請に関する祠か?)
画像

「此れこそ明神の化身・神助は我にあるぞ…」と黒井勢の士気は挙がる。光秀は本陣を平松(火山城付近か?)へ進め、竹田十方寺方面からの波多野秀治・栗柄方面からの二階堂秀香(大路城秀治の義弟)・牛河内方面からの波多野宗長(霧山城・西波多野)等で黒井城を包囲する体勢だったが、波多野勢が黒井城から出撃する軍勢に呼応しての挟撃に、柏原本陣へも赤井五郎忠家(高見城)に占拠されており、栗柄・鼓峠を越え敗走した。
  霧海に浮かぶ小富士山城(光秀陣城)   
画像

此の戦いのあと黒井城方では「吉兆」を占う神の使いとして白蛇が現れた葦原に明神社を建て祀ったと…地元紙には現在は毎年9月23日には野菜・果物等を供え宮司による神事が行われ、地域の守り神として親しまれ続けている…と話を結ぶ。祠の在る位置から近い城砦は行者山砦から約600m兵主神社西砦からなら約700mの距離。
祠の扁額?部の「藤丸」紋は荻野家だが・赤井家(丸の内雁金紋が主?)にも共通する家紋だ!!。近衛家なら「牡丹紋」?の筈なので兵主神社の社紋か?。 
  興禅寺から見る行者山砦
画像
 
つい白蛇伝説が長文になってしまった。 (春日町誌・由緒を尋ねて「丹波新聞社 昭和31年発行」を参考)
黒井城砦群等の文献・記事に見ない?行者山砦についてHPにレポート済み(2005年11月) → http://kirinosato.fc2web.com/tanba-kuroi-jyousaigun.htm#gyoujya なので参参考に留めます。
   此の当たり…↓

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック