鴨野城 2 丹波市

鴨野城については以前鴨野城 Ⅰのなかで、鴨野城から南西へ延びる主尾根筋に谷屋砦としての西出曲輪と、南東へ延びる枝尾根先端を採石場に落とす上部に東出曲輪の法泉寺曲輪を紹介していた。   
   鴨野城:帯曲輪からⅠ郭と主郭
画像

どこまでを鴨野城の城域とするかはわからないまま土取り・砕石が進む鴨野城南面西の谷屋砦・東の法泉寺曲輪間は此処数年の間に、弧を描くように数段の重機による削平段・通路?が増え、砕石場の掘削も進み、現状二ヶ所の曲輪は切岸段差も堀状遺構…等も判断出来ない現状。
  鴨野城主郭から泉山城
画像

地方史誌等に記載なく在地の人にも認識ないだけに、HPからも削除・鴨野城に包括して表記したいところ。埋蔵文化財分布調査報告書発行(1996年)以降も、周辺遺構調査は道路拡張工事で穂壷城(稲継城)の一部曲輪部分が発掘調査された程度?。
  鴨野城主郭から:泉山城から北末端の穂壷城へ
画像

鴨野城からの尾根続き近距離の、泉山にも曲輪・土橋付堀切と堅堀切…遺構があり、縄張り遺構からも鴨野城域とはせず泉山城(泉山砦)として、また北山地区にある
法泉寺曲輪も周囲を重機により削平?著しい!!
画像

毘沙門砦も時代的には下がるがチョッと変わった縄張りだが、土橋付堀切が背後の尾根側にあり、応じの諸事情?を考えても光秀の向城とは考えられない。 周辺の城砦について記してみたので鴨野城 Ⅲでいよいよ本拠の鴨野城へ向かいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック