野間砦壊滅 篠山

篠山川沿い南・篠山盆地のほぼ中央部に位置して立つ丹波富士(高城山462m)山頂に築かれた八上城は、国指定を受け丹波三大山城として知られるが、国指定を受けるための準備・関連城趾調査の際の非協力に苦労もあったよう。篠山市に嘗ての丹波国(丹後や但馬の一部も含まれていたが、いま:兵庫丹波は旧氷上郡<丹波市>・旧多紀郡<篠山市>)の負の遺産なのか?、知名度もない砦・まして八上城包囲の侵攻勢力の付城の一つ>野間砦が、八上城芥丸から窺う低丘陵部からは重機により削られ痛々しい姿を見せる。
 野間砦現状は唯の重機と土砂の丘<伊根山>
画像

八上城:朝路池からの南東尾根から野々垣へ向かう東尾根に移る峰先に、八上城側だけに数段曲輪を積む明智方の向城と思われる遺構を探索後、石心寺・弓月神社側へ降ったあと・・・般若寺城(明智本陣とされる!)の尾根続き、天通寺(日本三大キリシタン寺とも?)跡からの城遺構を探索(後日報告予定)。
  旧野間砦と八上城(高城山)
画像

下山後:篠山川右岸の702号を市街地に戻る。此のライン上に八上城包囲の明智方付城群が般若寺城・塚の山砦・勝山砦<塚の山は道路拡張ですでに南先端消滅・勝山は現ゴルフ場>・野間砦・更に西に王地山砦(?仮称)へと一列に並ぶ。存在を知る人は少なくとも八上城攻防の歴史史跡として、「丹波」を冠する篠山市としても歴史・文化遺跡保存の指導はされてきたものと信じるが、
   (旧)南曲輪北の空堀
画像

野間砦の土塁・空堀が今や重機で押し潰され跡形なし。在地住民に寄り添う?政策の一:公園施設として整備されているらしいが?。広大な平野部(元国有地)が・・・遺したくない・しかし残さないと伝わらない戦争遺産を伝える鶉野飛行場蹟(加西市)の例もある・・・が、古墳や城趾が地主意向や市の施策?で壊され消滅し、国指定・県指定が取り消される例は他県にもある・・・
  (旧)主郭北曲輪と空堀
画像

丹波市でも奥丹波最大級ともされ、播磨風土記には氷上刀売(神に仕える女性)に関わるともされる大規模な丸山古墳(山南町)や近くの番守寺山城も土取で壊滅状態。神池寺(市島町)に伝わる寺宝:護良親王の鎧も他院に移り・さらに大塔宮を祀る鎌倉宮に奉納…その寺宝になったまま…とも。氷上町の前方後円墳も消滅。出土の銅鏡は東京に…。神戸市北区に赤松氏一族…また淡河城主娘の伝承も残る蒲公英城(道場城)も今:駅前の利便性からか宅地開発造成で消えつつある。
氷上町側へ越える峠に在った番守寺山城(壊滅・消滅寸前)
画像

若い人達が一極集中で都会へ流れる一方、過疎化する田舎?に解決を要する種々:難しい問題はあるが、何を護り残すのか・・・切り捨てられる郷土の歴史遺産・史跡が悲しい・・・挙げれば枚挙に遑がないが・・・ 
しかしながら県の遺跡分布に古墳だけが記される丹波市内の極低丘陵に:伝説と・丹波志に拠城主の名だけが残る丘陵を、地元民により古墳・城跡を巡る「里山ハイク」ルートととして整備、案内説明板も設置している地区もある。犬岡(いぬか)山城も後日再訪しUP予定。
【単に個人的な感覚で工事関連に対する反意や深意はないのでご了解ください

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック