O Cha no Ma 加西市

パルナス製菓の創業者:古角松夫氏の出身の加西市で、第何回か?の”こころばかりのパルナス展”が今年も(2018年12月8-9日)開催されていた。パルナス製菓は平成12年(2000)閉鎖・2002年には企業清算され解散したが、パルナスの名も、ロゴマーク等も夫々に別店・団体により新たに出願登録され引継がれて
画像

・・・其の名やロゴ・郷愁を誘うパルナス製菓の懐かしいCMソング・ゆかりの品々や創業者の歴史パネル展示を町家の春陽堂(地域の交流館)に見学してたあと、東数軒隣に在って此の二日間限定出店のパルナスカフェへ。その名も地域密着コミュ二ティの場としてのソーシャルキッチン・カフェO Cha no Ma(おちゃのま)は、梅吉亭(西脇市)の様に日替わり店主のカフェだが料理教室・パーティ等1日レンタルイベントも可で、
画像

此の二日間限定がパルナスカフェ。近畿圏に「パルナス」の名が消え久しく目にすることもなかったロゴ入りTシャツや缶バッチ及び、パルナスと云えばピロシキ(ホントはパルナスのピロシキ<パルピロ>が商品名)が此処に並ぶ。創業者の実弟がパルナスより独立し1974年に開店「パルピロ」製法が守られてきた。
画像

懐かしの味:ピロシキを現在も製造・販売されている阪神電鉄尼崎駅コンコース西側の「尼セン」南側入口付近に在る喫茶・製菓の”モンパルナス”が”O Cha no Ma(おちゃのま)に出店。妻は油っ濃いものとばかり思い買った事がなかったが、思いの外のあっさり味に店内で食し・持ち帰りにも… 電子レンジかオーブンでの温めて方が記された紙も入っていた。
駅前中央公園から一番街に入ったところにある「ランプ屋」の懐かしい味の「ランプ飴」は未だあるのかな?、靴下等がメチャ安の店も…阪急も・阪神も通勤に利用していたので帰りに寄ったことも…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック