tamaki niime八葉食堂 西脇市

北播地方・殊に西脇市や隣接の多可郡に、近世ー明治維新に発達し繁栄してきた地場産業播州織のルーツは二ヶ所ほどあるようで、その一つがJR比延町駅や西脇温泉付近に播州織関連会社が並び、比延(比也野)地区一帯が発祥地の一つ?。
画像

此処からこみせん比也野 My Cafe へそでちゃ前を抜ける比延地区を日本(西脇)へそ公園へ抜ける中程・畑谷川を渡った所が目的地だが、住宅内の狭い車道を抜けるより「へそ公園」から東一つ目の信号を右折・道なりに南下する方が無難で分かり易いかも!。
画像

畑谷川に架かる橋の手前右手が目的地。2018年1月に工房・ショールームの2階にあるスタッフルーム(Tabe Room)にカフェ【tamaki niimeの腹ごしらえ会(西脇市比延町)】が開設されて以降は:タマキ二イメ ”Tabe Room”や、スタッフの輪番制?によるtamaki niime腹ごしらえ会の「みさきごはん」については以前のブログに紹介済み。
画像

tamaki niime腹ごしらえ会は土日やイベント時に工場関係スタッフや外部からの食作人による様々なジャンルのランチが楽しめます。お茶やデトックウオーターはセルフで。麦舎さんも出店されるが、今日は八葉(はちよう)食堂さん。リーフレットをみると姫路・夢前町に昨年(2018)2月オープンだが、既に市内の人気店。
画像

自社農園の八方美米・八方美菜(無農薬無肥料野菜)と地元旬の野菜中心に天然調味料で提供され、採れたて野菜類もそのままの状態で少し販売されていた。店名は方…とオーナー・シェフ子から…ランチの飯は玄米・白米を選べる。驚くほどに盛況で正午には「野菜とベジ定食」は完売、「野菜とパウチ・鶏肉の定食」のみになった。デザートには拘りのドリップコーヒーとチョコレート羊羹を

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック