新郷砦<仮称> 丹波市

R175号を西脇市方面からは旧佐治川(現:加古川)と篠山川合流地点で丹波市に入り、国道の小峠を越えると正面北西方に目立つ二山が現われる。手前に白山、其の先には荒々しい特異な山容が弘浪山で、其の東山麓に向かいます。山上に白山権現を祀る赤城山(白山)山頂には後谷山城があった。
 左端の低丘陵二つが新郷砦と尾根続き弘浪山(高山寺城)・右端は白山(後谷山城)
IMG_4806.JPG

白山東山麓一帯(佐野・谷村・新郷)は赤井野ともよばれた赤井氏発祥の本拠。時の城主:赤井時家の次男:才丸が荻野18人衆と呼ばれた地侍の盟主として養子に入り荻野姓を継ぎ後に、黒井城主となり悪右衛門を称し「丹波の赤鬼」の異名を持つ荻野(赤井)直正の出生地。
旧街道筋?の谷村公民館付近より:鉄塔が立つ民家屋根近くの新郷砦から弘浪山(高山寺城)
IMG_4809.JPG
弘浪山山上には高山寺跡があり法道仙人開基を伝え、要害の地に在り南北朝期以降:高山寺城として城郭化され幾度も戦いの場となり其の都度焼かれ再建されてきた。多可町と丹波市境の篠ヶ峰を源流とする中河原川が、ひかみCCや此の二つの山に挟まれた谷間を抜け・
 観音堂前から新郷砦(中腹付近まで土取の高い切岸に近寄れない...)
IMG_4972.JPG

伊尼神社・鷲住寺の東で県道109を潜り加古川に流れ出る。鷲住寺には赤井伊賀守忠家の木像・和泉守幸家の位牌が祀られているという。また市内有数の古社:伊尼神社は代々後谷城主赤井氏の崇敬篤く造営・再建を受けている。伊尼神社からヒメボタルの生息地の山林内散策道を北へ抜けると「ひかみCC」等に通じる林道に出る。
切通の鞍部と東砦側の2段曲輪(監視!?)
IMG_4975.JPG

道を隔て向かいの低丘陵(155m<比高約50m>)にある新鄕砦(豊村稲荷砦)<仮称>については、築城目的や時期・築城主等一切不明だが、城址遺構や 地理的条件から以後に推察してみた。県道109号より氷上CCへの入口の地区集会場と観音堂が建ち、送電線鉄塔が立つ付近・自然地形に近いが低い数段曲輪がある。
低土塁曲輪?と思えたが採石・採土の掘削調査跡か?。
IMG_4977.JPG

ただ三方が土取り(殊に東‐北にかけては採土・残土等受入れ処理等稼働中‼)の切岸も高く取付けず、伊尼神社ヒメボタル散策道から個人墓所横を抜け・弘浪山へ直上の南尾根先端約165m峰と、155mの新郷砦<仮称>の鞍部を氷上町黒田側へ切通しの山道を越え辿ったが、峠を見下ろす直ぐ東側上部に監視小曲輪か?2段の平担地形がある!!?。
IMG_49831.JPG

現状:109号の谷村ー新郷間は3ヶ所ばかり小丘陵か古墳?跡を切開き通されているが、此れらを避け谷村駐在所・谷村公民館(赤井忠家<直正の祖父!?>の墓所近く)を通る地区道が嘗って氷上町沼で山陰道に繋がる脇街道筋か?。只:谷村ー新郷の間を中河原川が加古川に、直ぐ上手には柏原川・高谷川が穂壷城北を掠めて加古川に合流。更に上流は葛野川が成松・本郷を加古川に流れ出るため、付近一帯は豪雨時の氾濫地帯。
 下段の土塁曲輪と主曲輪間にある2-3段の曲輪
IMG_49841.JPG

新郷砦への取付の氷上CC林道入口は、嘗て(従来?)の街道筋?と県道109号の合流点。加古川の増水・氾濫時には、此れを避け谷村南端から後谷居館・鷲林寺・伊尼神社を抜け氷上CCへの林道から、新郷砦の峠越えで黒田・成松への山際迂回ルートだったか?。同時に北方から赤井本拠の後屋館・後屋城へ、街道を避け手前の峠道が侵攻口!!?とも成り得る。
 切通北側の砦:曲輪群最北端の片堀切(手前・縦堀?)
IMG_4989.JPG

常楽砦<仮称>や甲賀山明治山に後屋城警護関連の北方監視砦があったか?…は不明ですが、此の峠を挟んで二つの155‐165m峰には小広い平坦段があり関連砦か?。尾根続き北の鞍部手前には短いが東に落ちる片堀切もある。此れよりの北尾根筋は頂部付近に露岩を覗かせ・見上げるばかりの激急斜面上の峰よりは弘浪山(高山寺城)に延びる。曲輪でもあれば高山寺を城郭化した臨戦時の高山寺城南出郭によさそうだが未調査域…
 県道109号からの新郷砦と残土…等処分?場
IMG_4999.JPG

R109号[ひかみCC]入口(小祠)と集会所背後の丘陵が新郷砦<仮称>位置微調整出来ず!! 此の辺り

この記事へのコメント