播磨屋本店 生野総本店 朝来市

先のブログ口銀谷散策:Ⅲで丹波市から生野町へのルートを追ってみたが、実はもう一つ余りお勧め出来ないが青垣町大名草から青垣峠を越え黒川(黒川温泉・多々良木湖<黒川ダム>・大明寺…がある)から銀山湖の縁を辿って
IMG_5687.JPG
生野ダム・奥銀谷(生野鉱物館)を経て口銀谷の古城山南麓:生野庁舎前を播但道(R312号線)に繋がるR429号線もあるが、生野町への近道とも思えず?「急がば回れ」となるのかも!!。生野町は鉱山産業と文化で発展してきた町また:
IMG_5681.JPG
明治維新の魁となった生野義挙(尊皇攘夷派が挙兵)の地で生野代官所跡に建つ生野義挙の碑のほかR312に出て峠から下り初め最初のコーナー付近小公園?にも義挙の碑が建っていた筈だが!!いまは見ない?。(生野の変については岩洲城も参照…) 
IMG_5688.JPG
文久3年(1863)勤皇の志士と但馬の農民が生野代官所を占拠して陣した生野義挙(生野の変)に…播磨屋本店 生野総本店の現社長は志士達の尊皇精神を更に神格化させる思想の持ち主なのかも…!!?。10数年前初めて訪問したとき、
IMG_5682.JPG
あられ・おかきの店?というより雰囲気とスタッフの割烹着の様な作業服にどことなく新興宗教的な印象が強かった…が神宗とは一切関係ない。生野町からのR312沿い峠を下った先・コンビニがあった(!!?)が、向かい右側に竹林に囲まれた播磨焼総本店の茅葺きの古民家は領地代官屋敷か大庄屋風情で石畳道(今は木橋)を進む。
IMG_5686.JPG
右手上方に以前あった茅葺民家風の販売所・喫茶室は無人?閉鎖されたのかな?…左手の水車小屋前から築地塀に囲まれた屋敷門を潜ると、広々とした土間に囲炉裏や竃があるお食事処、杵搗きの「餅つき」実演と善哉…等のふるまい?か販売もあったが、現在は此処が販売所。
IMG_5684.JPG
日本一おかき処播磨屋本店 生野総本店(朝来市生野町円山)で、和田山から竹田城下ー生野ー神河町間走る際・必ずと云えるほどに立ち寄るのが和田山インター近くの「海鮮せんべい但馬」と此処:”おかき・せんべいの菓子舗!?”は、いまも通販と直売店による消費者直接販売の播磨屋総本店。
IMG_5683.JPG
播磨屋本店は南京町に近い神戸店には、ちゃっかりコーヒーブレイクタイムに何度か寄った。好みの「はりま焼・助次郎・妻の好物のりおかき・朝日あげ」を買いに…、賞味期限が2-3ヶ月と短いので、郷里Uターン後に頼んでいた通販も、スタッフに尋ねると今年(平成31年)春に営業は終了。後はネットショップ…となったので今後はドライブがてら直売店へ…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント