市野々城<仮称> 篠山市

亀岡方面から天引峠を越え篠山市に入る篠山街道R372号(京街道・デカンショ街道)が「西野々」交差点から福住の[丹波の青鬼]籾井教業の居城裾を抜け[安田]・[小野新]交差点で能勢方面から天王峠を越えてくるR173号(池田街道・能勢街道)と合流する。
  背後を堀切・土塁・短い竪堀で城域を遮断
IMG_6609.JPG
西へは”延喜式山陰道の小野宿”を通り市街地への京街道筋R372号。北への綾部街道R173号が[丹波の荒木鬼]荒木氏綱の細工所城西麓を抜け[福井]交差点に向かう。国道筋を[福井]交差点で県道702号へ右折し宮代(珍しい十二支・羊の山名櫃ヶ岳登山口‼?)から市野々へ向かう。市野々集落手前で県道702号は2㎞程先で京丹波町へ越え
  正面街道筋の赤門や久昌寺背後も砦遺構は濃厚!!?
IMG_6608.JPG
中畑城のある八田から「丹波水戸」で須知宿場町(須知城)に近いR9号に出る。南へ観音峠を下れば南丹市園部(園部城)も近い。手前のハ田から中山峠を南へ下れば園部川沿い篠山街道の九品寺天神山城(園部城支城か?)を経てR372で天引峠を篠山へ通じる京街道筋。
  山上部が市野々城(かいやま城)<仮称>
IMG_6604.JPG
さて:分岐を市野々集落へ入る県道303号は立金から三国岳・鳳鳴CC下を廻り込んで下原山から西野々に出て天引峠を下ってくるR372号(京街道・デカンショ街道)に合流する。一帯を領有する丹波の青鬼籾井教業の籾井城と西野々砦…安口城等支城群がある。
澤山家茅葺長屋門
IMG_256411[1].jpg
長々と街道説明してきたが大芋(おくも)氏の豊林寺城や麓には大芋一族・森本氏の福井城山上氏の中村城…と大芋衆の山城のある「福井」から市野々ー立金を経て西野々の京街道(鳳鳴CCで県道303号は分断されるが)筋の籾井城へと通じる。市野々地区に入り立金に向かう道筋には川添いの堤防・田圃の畦・民家の軒先…と、静かな集落内には賑やかに遊ぶ子供達・立ち話や作業中の村人等が!!…
  堀切・土塁の先には竪堀が!!
IMG_6613.JPG
数年前から始められたという”普段通りの村人”と見紛う様。地区の人口(50数体)と同じ案山子が迎えてくれる。バス停前には”赤門”と呼ばれ「景観重要建造物に指定された澤山家茅葺長屋門がある。在地土豪で後に大庄屋を務められた家か?。立金には随分以前に訪れた単郭の小谷城があるが、手前の市野々の公民館(自治会館)側へ落込む丘陵先端部にも、
  ハイキングコースの展望台が市野々城主郭
IMG_6615.JPG
背後を堀切土塁と短い竪堀一本で城域を分ける単郭の市野々城(かいやま城)<仮称>(丹波篠山市市野々字比師?)があり、会館前から延びる「かいやまハイキングコース」の展望台が城趾。小谷城同様に尾根先端部に遺構があるが、コース整備による大きな遺構改変は無さそう。此処からは京丹波町側からや、南丹市から天引峠・能勢方面からも福住から西野々を経て「福井」の綾部街道への往来が監視できる位置。
  街道を望む主曲輪東面に遺る3段程の小曲輪
IMG_6616.JPG
小谷城の居城主は森本氏と云われるので市野々城<仮称>も森本氏か大芋衆の何れかの城であったか?。籾井氏との関わりも不詳ながら:明智光秀の丹波攻め「八上城攻略」の当初には京丹波側からの侵攻に当たって連帯協調し八上城防衛の最前線に立っていたことでしょう…!!。なお:立金からベルグリーンCCを抜け籾井城麓・住吉神社へ下る本明谷ルートは天正5年多勢に無勢… 僅かな残兵で奮戦した籾井氏一族最期の激戦地「本明谷合戦」の地。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント