平等院鳳凰堂 (papercraft)

久しぶりに”Canon Creative Park” の建物シリーズから平等院鳳凰堂(papercraft)に手を出してしまった。簡単シリーズもあるが従来からあったリアル版…細部・見えない部分?との接合・綺麗に貼付け出来ず失敗も…A4判28枚/パーツ数は345個 と結構な大作なので綺麗に仕上げれば鑑賞に堪えるのだが  
IMG_7290.JPG
鳳凰は古来中国で麒麟・亀・竜とともに四瑞として尊ばれた想像上の鳥。嘴は鶏/顎は燕/背中が亀/尾は魚/首は蛇/前は麒麟/後は鹿。「聖徳の天子の兆しとして出現する」と伝えられ、鳳は雄・凰は雌と称したとも云われる。平安時代中期:藤原道長(関白)の別荘「宇治殿」として営まれ、
IMG_7291.JPG
その子:頼道が永承7年(1052)仏寺・平等院を建立。本尊:阿弥陀如来座像(仏師定朝作)を安置する阿弥陀堂(鳳凰堂の呼称が一般的)が翌1053年完成し法成寺「無量寿院」と号した…と。約1000年前に建立された建造物・仏像がいまに遺り、華麗な藤原氏の摂関時代を偲び、
IMG_7295.JPG
優雅で水面に浮かぶ鳳凰堂は、西方に夕陽を見て極楽往生を願う日想観(弥陀浄土に生まれるための行業)浄土信仰「往生院(東大阪)も参考に」そのものの姿。国宝平等院鳳凰堂の建物は中堂・左右の翼廊・尾廊の4棟で構成されており、ユネスコ世界遺産に登録(1994年)されており、
IMG_7292.JPG
デザインは切手や10円硬貨表面の鳳凰堂・一万円銀行券裏面の鳳凰像に使用されお馴染み!?ですね。奈良方面や大坂から生駒越で京に通じる宇治は要衝:源平の争いでは寿永3年(1184)宇治川の戦いに敗れ平等院「扇の芝」で自刃した(享年77)源頼政が平等院内最勝院の祀られている。
IMG_7293.JPG
源頼政鵺退治で知られる武将で歌人。所領のあった西屋城(舞鶴市)や田原城(南丹市)は源頼政の城だったか?。平氏政権下にあって平清盛に信頼され中央政界に留まっていたが、鎌倉幕府に其の清盛の異母兄弟:頼盛(大内城)が領有地を安堵されてもいる。宇治茶のルーツの一つ上林氏は生貫山城(綾部市)の城主!!で、豊臣秀吉からは宇治茶頭取として宇治茶の総支配を命じられ、徳川家光の代には宇治茶師を務めた一族です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント