頭光嶽城~寺坂峠城 丹波市

先のブログ頭光嶽城(仮称)や一連の岩屋山「石龕寺城」Ⅰ-Ⅳにも触れてきたので、中世戦国期の高見城支城群の一:岩屋城(三輪城)の枝城群としての頭光嶽城と寺坂峠城、石戸山城を捉えてみたい。岩屋城(三輪城)自体が狭い山頂主郭の南側は、大正-昭和に掛けて切出された金屋鉱石採石場跡の断崖絶壁:空中に消えた山城遺構の南尾根続き城域は不明。
岩屋城主要遺構部は空間に消えて…
IMG_7676.JPG
空白の城域は採石場跡続き南尾根に乗って約200m程?に土橋付堀切が敷設され、さらに30m程で頭光嶽城(先のブログ画像を参考)北面の曲輪に達し複数の竪堀を観る。此れ等北斜面の竪堀は山南町久下金屋からの左:寺坂道ではなく右手:金屋不動尊金屋(岩脈)流紋岩コース(鉱石搬出ルート)を谷筋から登ってくる側を警戒してのものか…?。頭光嶽城は送電線鉄塔南の広い2-3段曲輪からの下降尾根にも延びる。
 頭光嶽城主郭東南端切岸の下部に竪堀あり)
IMG_7526.JPG
比較的緩斜面の長い尾根(150m程?)上に堀切と土塁(土壇)を背にする小曲輪がある。堀切の西面は石龕寺奥ノ院を結ぶ寺坂道側に落ちる。小曲輪の約50m程下方が寺坂峠で峠の東向き地蔵と説明板が立つ…が、日想観(西国浄土の信仰?)によるものか!?「東向き地蔵」は珍しいと云う。戦時には兵隊除けに此処に詣り縄で地蔵を縛ったとも伝わるが、
 頭光嶽城主郭南端東面の竪堀
IMG_7566.JPG
踏跡も消えかけ藪道となって久しい?寺坂道を奥の院へ向かう途中・峠の地蔵に手を合わせる人はいるのだろうか?。寺坂峠城(仮称)は寺坂峠にあり、久下氏を頼り石龕寺に入った足利義詮(尊氏の嫡男)が二ヶ月余り逗留した(将軍屋敷跡がある)石龕寺城(奥の院)からみて南大戸(表門にあたる!?)南門は、久下氏本拠地:金屋から直接奥の院に通じる寺坂峠への道。
 頭光嶽城南尾根筋:寺坂峠を望む堀切と土壇を背にした曲輪
IMG_7567.JPG
”寺坂峠城”を奥の院出入監視の木戸門、頭光嶽城も石龕寺城(奥の院)の詰城ともなる。仁木氏による指示の有無は知らず:在地土豪としては赤井氏より勢力のあった久下氏により築かれた城砦と思われる。(注)久下氏が高見城主として入ったのは観応元年(1350)・翌年には仁木氏が再び丹波守護職に就く。仁木氏が去った後は赤井氏が勢力を持ち衰退の久下氏は其の傘下に入ることになる…【次回の寺坂峠城に続く】
 頭光嶽城側から寺坂峠(右下:奥の院への道は直ぐ消え…崩れた藪道)
IMG_7569.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント