別荘城(西浜谷城)仮称  篠山市

R176号「長安寺」交差点を左折し県道140号線を東へ・・・「ユニトピアささやま」分岐の看板を見送る「八代」の春日神社・大歳神社裏の森一帯には大野城大野バス停の次が今福バス停で、先のブログで紹介名柄芦砦と名柄芦北城の何れも仮称は此処を北に直進する正面の八幡社からスタートした。
八幡社(盃山登山口から目の前の城跡<中央稜>を望む)
IMG_7831.JPG
今福・西浜谷・東浜谷に点在する古文書・地史・遺跡調査等未確認の城砦遺構の城名表記には山名も不詳、所在地内に複数遺構があれば…と市の”地名考”も参考にしたいが、町界尾根を分ける山城名に迷走。先の”熊谷西城”も東浜谷城としたいが山域一帯の地が熊谷だが熊谷城は既に?ある。
 城域北端から主曲輪を望む
IMG_7832.JPG
此の別荘城も西浜谷城としたいが、長源寺西背山から浜谷池の春日神社(盃ヶ嶽登山口)西の尾根筋に掛けて残る城郭遺構の主郭も「西浜谷別荘・東浜谷・今福」町界を三分する位置にある。南東・南西二方向に尾根先を落とす丘陵部にも平坦地形(曲輪状)を残すが自然地形か?。
  主郭から西面の帯曲輪
IMG_7839.JPG
一方の尾根途中も土塁状と観た盛土?は土石を抱き込んだ大きな樹木が、土砂流失を防いで残った段差か?。今福の県道140号沿い左手前方に「旧多紀教育会館」が建つ。盃ヶ嶽から南へ延び出す低丘陵尾根の最先端部が此の教育会館と周辺の盃山団地裏庭に迫り此処に今福城があるが、隣接する盃山団地は西浜谷。
  南端(短い竪堀含む)曲輪から主曲輪切岸
IMG_7843.JPG
天文年間(1532-55)頃には今福・畑郷周辺を勢力下に持ち、今福城を居館とした城主:畑氏がいたが、畑氏以外にも:周辺に城砦(城主等城史不明)は多く矢代(国松氏)・西浜谷・東浜谷(藤井氏?)・熊谷(熊谷氏?)・郡家(郡家氏?)・岡屋には波多野氏の大老:渋谷氏らがいる。今福城が居館なら距離的・城の規模から観ても?
 主郭部と南端部の段曲輪間の堀切
IMG_7844.JPG
畑氏の詰城としては適地かと…!!?。尚:何代目かの今福城には畑豊後守頼元(頼景!!)が拠っていたが天文24年(1555)9月没(詳細不詳)。頼景の後:駿河守頼信~右兵衛尉満信と続くが「波多野氏の八上城攻略」明智光秀軍による八上城周辺の城攻めに天正6年(1578)頃には矢代城・遊谷城等と共に落城し畑氏も衰えたという。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント