Carpenter's Kitchen 西脇市

播磨西脇市の兵主神社は秀吉が三木城攻めの戦勝祈願に代参させ、祈願成就としての奉納金による拝殿が改築された天正19年(1591)8月27日造立の棟札があり、社紋には豊臣家の五七の桐が許されています。茅葺入母屋造りの拝殿建築様式は 全国的にも稀に見る遺構とか。
IMG_8817.JPG
兵主神社の秋祭りはレッケイJR加古川線側の大門(石造大鳥居)から拝殿まで猿田彦【神導きの神】による[露払い]の御幣を振って清めながら神社に進む地鎮祭!!?…の様な行列!!で始まる。秋祭り:も一つの見所が布団太鼓:播州屋台は姫路・三木はじめ播磨各所に見られるが、
IMG_8819.JPG
此の屋台を担ぐのに…地元出身”唯一の芸能人!?”松本さんが帰ってくるとか…最近?「ガッツだぜ…」が先でなかなか”トータス”が浮かばないが、松本さんの自画像(多可町の画家と聞いたが!?)が飾られている店が、兵主神社東側「岡」交差点側にあるカーペンター キッチン(Carpenters Kitchen #カペキチ(西脇市黒田庄町岡)。
IMG_8816.JPG
北方のJR本黒田駅方面から南下すると、交差点左手の店は入口も殆ど死角で気に止めることもなく通り過ぎていたのでOPENを知らなかったが、大門ー兵主神社側からなら店のサインボードも・入口付近の店の小さなロゴマークに気付かずとも、
IMG_8818.JPG
正面に微笑ましい老父婦?が描かれる倉庫がリノベーションされた側面のウオールアートが目を惹く。【但し現状:ウオールアートは庭木の陰に隠れ見辛くなっている。道路側に特大キャンバスに描かれた人物像で判るかも…!!】店のロゴにあるフォークとハンマー…!!が示すとおり運営は
IMG_8820.JPG
「TAKUMI HOLDINGS」工務店グループに併設されたレストランは地域の活性化と地産地消がコンセプト。は神戸ビーフの主産地でもある黒田庄和牛。は播州百日鶏(以前:多可町地鶏と言ったかな? 西脇市統合以前の黒田庄町は旧多可郡)。
IMG_8821.JPG
黒田庄和牛や播州百日鶏など北播磨の食材を使ったランチが楽しめます。本日はブラッとランチの立寄り…だったが、随分と人気店の様で、平日なのに予約無しでは30分ばかりの時間待ち。「カフェ クルドット」と同様、薬局に寄っての待ち時間調整。ラストオーダーは13:00の様だ?。
IMG_8823.JPG
大屋根倉庫跡の駐車場に入る。厨房のある正面フロアの他にも別屋根の幾つかのブースというか・調度品等雰囲気の異なる小部屋が幾つか在るよう。中央部は外庭から直結のテラス席でペット連れにも利用可能か?。メニューには地産食材の自家製スイーツ類もイロイロあるようだが、本日はランチ。
IMG_8822.JPG
大工さんの昼食をイメージして作られたという「大工飯プレート」か「カペキチ丼」と決めたが:どちらも既に完売… 
ピザや日替わりパスタランチもあるが、この日は”旬の日替わりランチ”(2種)を注文。ランチ類の殆どにはオードブルも付く。
IMG_8824.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント