紅葉の高山寺

丹波市氷上町では先に岩瀧寺を紹介していますが、古刹:高山寺も「丹波もみじ三山」円通寺の近くに在ります。
画像

同じ真言宗の高山寺ですが、紅葉観光の名所としては群突に京都栂尾:高山寺が有名ですが、美しい景観も人ごみの中では情緒もなく、そんな雰囲気は歌の世界だけに隔離された情感を探しようも無い観光寺院の境内とは異なり、静かに時の流れを意識する事も無く、自然の中に佇みます。
画像

背山の安全山【今の時期:低山ですが丹波の霧海を望む、展望台の一つです】へも寺の横から登れます。この山裾を捲いて北上すると4km程で円通寺。丹波市のもみじ三山巡りのツアー客等で賑わっています。
画像

元は弘浪山頂に在って、天平宝寺元年(757)法道仙人開基を伝え、鎌倉時代に東大寺住職俊乗坊重源が再興した古刹です。南北朝期:丹波守護代:荻野朝忠が児島高徳等と拠って足利軍と戦う等、幾度も寺を城郭化しての戦いの場となり、其の度に焼かれています。・・・朱塗りの山門が一際目立つ美しさの高山寺は、山号を弘浪山・昭和33年に現在の地:常楽に移築されました。

"紅葉の高山寺" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント