王地山砦 篠山

「まけきらい稲荷」の伝説から、合格成就の信仰を集めている王地山平左衛門稲荷社や、日帰り温泉「まけきらいの湯」のあるささやま荘、シーズンには篠山市内の桜・紅葉の名所として知られる王地山は、天下普請で成る篠山城の候補地の一つでした。
画像

此処に八上波多野氏の城砦や、篠山城警護の城砦があっても、京街道監視の要衝として天然の要害地として、尤もな位置を占めています。最高所の王地山山頂部も数段の曲輪らしい遺構が有る。笹山砦に篠山城が築かれているが、遺跡分布図には王地山にも「王地山砦」の記述を県の遺跡分布図に見つけて出掛けてみました。
画像

王地山から東へ伸びだす尾根末端に、東山古墳の2段になった墳丘をみる。比高30m程の低丘陵の南麓は家並み保存地区の妻入り商家群、篠山城下町の東口・前を流れる篠山川を挟んで八上城と対峙する位置は、明智軍の八上城攻め付城の感もありますが、はたして・・・王地山砦についての資料を知らず不詳のまま・・・無責任ながら推察だけのレポートです。資料等ご存知の方は教えていただければ幸いです・・・(^^ゞ

"王地山砦 篠山" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント