銚子ヶ水(一休さんの水) 丹波市

連日猛暑が続き  夏日と梅雨。。。の言葉がここのところ聞かれません。いつのまにか梅雨明けしてしまった感じです。こうなると水が恋しくなるものですが、カナヅチなのでプールとか水泳の言葉はでてきませんが
水⇒自然水⇒飲料水⇒名水・・・・
画像

飲もどころか触るのも・・?遠慮の方便の水や石龕寺の「大槽谷の水」の様な霊験水や、酒造りの仕込み水に使用された名水だが、汲み上げポンプの使用が出来なくなり利用できなくなって久しい(もう10数年になるかナ)「奥丹波の美味しい水」、山中に有って殆ど行った人も、まして取水の為に訪れる人は皆無と思える「狸(むじな)穴の水」がある。以前は無かったが其の登山口に弘法大師伝説を掲げた取水場「狸穴名水」が出来ている。
画像

良く出かける名水の「松ヶ井の水(落葉の清水)」も、今は訪れても殆ど断水・取水場を2度変えて今は国道傍に公園化され、連日訪れる人が絶えない・・・が水脈は違う様です。青垣町の銚子の水(一休さんの水)は親戚に拠った帰りに立寄る水場。粟鹿峰(粟鹿山)のNTT巡視用専用林道に繋がる稲土川沿いにあります。水質検査ではカルシウム・ナトリウム等含有量表示されていますが、生水のままの飲料に適・不適かは知りませんが利用させてもらっています。

"銚子ヶ水(一休さんの水) 丹波市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント