塚谷古墳 篠山市

五台山東窟寺の標柱石門の立つ右手の丘陵裾に 一基在る筈の古墳を探したが見つけたのは、生まれて間もない それもウリボウの・腐りかかって残った首と 真っ黒になって集(たか)る蝿の大群だけ。一帯の谷筋は篠山名産しし肉・牡丹鍋の元 飼育の猪牧場。一斉に不審者に目を向けるジッとして動かない。
画像

藤岡ダムへの分岐・藤岡奥公民館前に戻って 今度は反対側の集落内に向うと、塚谷古墳が在る。
整地された旧墓地跡の上部・田圃の畦筋に一基の半壊した古墳が雑木・下草に埋もれながらも 僅かに石室()羨道部!!を残して石材が露出しているのが塚谷古墳です。南に開口しているが北側の玄室部は石材が抜かれ天井石と思える大石が2~3枚内部に落ち込んでいます。
画像

民家近くの田圃・畑の畦にあり、古墓地が傍に有る。盗掘はなくても石材は石垣等に転用されたものか?
別冊「丹波霧の里」カテゴリの 丹波の古墳 だいぶ増えてきたので各HP内個別に点在・分散している但馬や三田・阪神間等のものを 改めて整理・再編成が必要になってきたようです・・・・(^^ゞ

"塚谷古墳 篠山市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント